ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

まつもと「城のまち」フードドライブ

更新日:2022年7月22日更新 印刷ページ表示

まつもと「城のまち」フードドライブを開催しますの画像1

 もったいないからありがとうへ。
 食べ物に困っている人がいるのにたくさんの食べ物が捨てられています。
 日本で1年間に発生する食品ロスは、約522万トン(令和2年度推計)。その内、約247万トン(47%)は家庭から排出されています。
 NPO法人フードバンク信州では、食品ロス削減と生活困窮者支援のため「フードドライブ(食べ物を広く市民から集める取組み)」を実施します。(共催:松本市)

 令和4年7月21日のフードドライブでは、44人の方々から879点の寄付が集まりました。ご支援ありがとうございます。引き続き、みなさまのご協力をお待ちしております。

お願い

せきやのどの痛み、発熱の症状があるなど、体調不良の方は、ご来場をご遠慮くださいますよう、お願い申しあげます。

フードドライブとは

 広く住民に呼びかけて食料を持ち寄る活動のことをいいます。
 集められた食料は、NPO法人フードバンク信州を通して、子ども食堂運営団体、まいさぽ松本等で活用されます。

フードドライブの実施について

実施日

毎月第3木曜日
次回開催日は、令和4年8月18日(木曜日)です。

実施時間

午前10時から午後1時まで

実施場所

松本市役所東庁舎1階

集める食品

常温保存可能な食品

  • 缶詰
  • カップ麺
  • レトルト食品
  • パスタ、うどん、そうめん、そばなどの乾麺
  • インスタント食品
  • お米
  • お菓子
  • アルコールを除く飲料
  • 調味料

 などです。

食品の条件

  • 賞味期限が明記されており、それが1カ月以上あるもの
  • 未開封のもの
  • 包装や外装が破損していないもの
  • 包装や外装をほかのものに移し替えていないもの
  • 野菜や肉などの生鮮食品以外のもの
  • 日本語表記のあるもの
  • アルコール飲料以外のもの

食品ロスについてもっと知りたい方は


松本市AIチャットボット