ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

学都松本寺子屋事業

更新日:2022年5月26日更新 印刷ページ表示

学都松本寺子屋事業とは

学校や家庭以外の居場所で、教員OBや学生、子どもを応援したい人等、地域の多様な人が関わり、子どもに豊かな学びの機会を提供することにより、子どもたちの学習習慣の定着や、学習意欲・学力・自己肯定感等の向上を図ります。

事業内容

学都松本寺子屋事業交付金

子どもたちに学習の支援と生活相談を行う団体に交付金を交付します。

1.交付対象となる事業

交付金の対象となる事業は、次に掲げる要件を全て満たすものとします。

  •  主に市内に居住または通学する小学生、中学生及び高校生等の全部または一部を対象とし、地域への周知等地域内の子どもの参加に向けた取り組みを行う事業であること。
  •  原則として、市長が認める市内の同一施設において、定期的に実施するものとし、1回当り1時間以上、おおむね一月に1以上又は教育機関の長期休業中におおむね1週間に1回以上実施すること。
  •  子ども又は保護者の生活上の相談等に応じ、必要があると認められる場合は、緊急の場合を除き、本人の同意を得て、市と連携を図り必要な支援に結び付けること。
  •  当該事業の利用は無料であること

2.交付対象者

交付金の交付を受けることができる団体は次に掲げる団体で、会則等によりその組織及び運営に関する事項を定めている団体とします。

  •  町会、子ども会育成会、民生委員・児童委員協議会、その他地区関係団体等
  •  非営利の市民活動団体
  •  その他市長が適当と認める団体

3.申請期間

令和4年4月1日~令和5年3月31日

4.寺子屋事業交付金

交付金の種類・対象経費・交付額
種類 対象経費 交付額
事業開始交付金 学都松本寺子屋事業の開始に係る経費

100,000円以内
ただし、学都松本寺子屋事業を開始する年度においてのみ交付を受けることができるものとする。
※既に同施設で学習支援事業を行っている場合は交付対象となりません。

事業運営交付金 学都松本寺子屋事業の運営に係る経費

2,900円/回(上限52回分)

学習支援者数に応じ以下を加算
寺子屋先生1,500円/回・人
寺子屋サポーター1,000円/回・人
ただし、1回あたり5人、年間52回を限度とする。

5.申請方法

学都松本寺子屋事業交付金募集概要をご確認いただき、申請資料(様式第1,2,3,4号)にご記入の上、教育政策課(大手事務所4階)までご持参ください。
書類を持参いただいた際に事業内容について詳細をお聞きしますので、事前にご相談の上、お越しください。

 ・募集概要 募集概要 [PDFファイル/405KB]
 ・申請書類 様式第1,2,3,4号 [PDFファイル/176KB]
        様式第1,2,3,4号 [Wordファイル/21KB]
 ・申請書類記入例 記入例 様式第1,2,3,4号 [PDFファイル/237KB]
 ・事業変更に関する様式 様式第6,7,8,9号 [PDFファイル/196KB]
 ・実績報告に関する様式 様式第11,12,13号 [PDFファイル/190KB] 
 ・交付金請求に関する様式 様式第15,16号 [PDFファイル/349KB]

6.申請から交付までの流れ


⑴申請(申請書類を提出)
⑵審査・交付決定
⑶寺子屋事業実施
⑷実績報告(実績報告書類を提出)
⑸交付金額の確定
⑹請求書の提出
⑺交付金交付(銀行振込)

寺子屋先生・寺子屋サポーター募集

学都松本寺子屋事業では、地域の子どもたちに勉強を教える学習支援者として、寺子屋先生・寺子屋サポーターを募集します。

☆寺子屋先生:教員免許を有する方又は有していた方
☆寺子屋サポーター:教員免許を有していた経験がない方

1 応募資格

  寺子屋先生・寺子屋サポーターとして、平日の夕方~夜、土日の昼間など寺子屋事業を実施する団体の実施日・実施時間に参加できること。

 (具体的な活動日・活動時間は実施団体と要相談)

2 応募方法

  応募申込書(様式1)に氏名、生年月日、住所、連絡先、応募動機等を記入し、メール、Fax等で教育政策課に提出してください。

  ※応募締切日は設けません。

応募要領 [PDFファイル/188KB]

応募申込書(ワード) [Wordファイル/25KB]

応募申込書(PDF) [PDFファイル/286KB]

寺子屋先生・寺子屋サポーター 募集チラシ [PDFファイル/705KB]

3 選考方法

  応募申込書による応募資格の確認後、面接を実施します。

4 その他

 ・活動内容は、学習支援を中心としますが、具体的な支援内容は、実施団体とご相談ください。

 ・選考後、学習支援者のスキルアップ研修を実施する予定です。

 ・学習支援を行う団体からの人材要請に応じて紹介させていただきます。

  ※学習支援を行う団体とは

    (1) 学習支援+生活相談を行う団体

    (2) 食事提供+学習支援+生活相談を行う団体

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット