ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育委員会 > 計画・制度・事業 > 奨学金制度 > 【受付終了】松本市中原淑子育英基金奨学金(長野県内小中学校の教員を目指す学生のみなさんへ)

本文

【受付終了】松本市中原淑子育英基金奨学金(長野県内小中学校の教員を目指す学生のみなさんへ)

更新日:2022年12月27日更新 印刷ページ表示

松本市中原淑子(なかはらよしこ)育英基金奨学金とは

 長野県内の小中学校の教員を目指す大学生に、返還不要の奨学金「年額48万円」を最大4年間にわたって給付し、その修学を支援する奨学金です。
 第2期生の募集は終了しました。

(故)中原 淑子 氏

中原さんの画像

中原 淑子 氏

 大正15年東京生まれ。5歳のとき松本市に移住。松本高等家政女学校(現在の松本美須々ヶ丘高校)を卒業し、小学校の教員として松本市や旧安曇村などで定年まで勤務。退職後は島々地区で暮らした。
 この奨学金は、中原淑子氏からの寄附金で賄われています。
 奨学生のみなさんが、未来を担う子どもたちの教育に貢献することを期待して、遺産のほぼ全てを松本市に寄附されました。

制度の概要

対象者

  • (1) 小中学校等(※)の教員となるための免許状に対応した教職課程を履修できる大学等に入学(在学)する者
  • (2) 大学等の卒業後直ちに、長野県内の小中学校等で教育職員として就業する意思のある者

 (※)小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校の前期課程、特別支援学校の小学部又は中学部

奨学金の給付(申込)要件

  • (1) 申請の日から起算して、本人又は保護者が過去1年間以上松本市内に居住していること
  • (2) 経済的な理由で修学困難と認められること
  • (3) 学業成績が優秀であること
  • (4) 旺盛な修学意欲が認められること
上記要件(2)の基準
世帯構成 基準額(給与収入の場合)
父、母、本人、弟(私立高校生) 約390万円(約795万円)
父、母、本人 約285万円(約650万円)
母、本人、祖母 約385万円(約790万円)

※この表はあくまで目安であり、世帯の構成、事情によって基準額は異なります。

給付額と給付期間

  1. 給付額…………年額48万円
  2. 給付期間………正規の修学年限(上限4年)

採用予定者数

毎年度10人以内

奨学金の返還

この奨学金は原則「返還不要の給付型奨学金」ですが、下記の場合については全額を返還していただきます。詳細は担当課までお問い合わせください。

  1. 大学等の在学中に教員免許状を取得できなかった者
  2. 卒業後、直ちに教職に就かなかった者
  3. 採用の取り消しを受けた者

応募について

応募にあたっては、下記の募集要領および奨学金給付規則を必ずご確認ください。

募集要領

例規

応募書類様式

納税証明書の取得について

 奨学生身元保証人(連帯保証人)になろうとする者について、住民登録地の市役所等で「納税証明書(市税に滞納がない旨の証明書(呼び方は自治体で異なります。))」を取得し、提出してください。
 松本市の場合は、下記を参考にしてください。

応募期限

 ※令和4年度(令和5年度奨学生)の募集は終了しました。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット