ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 国宝松本城 > 松本城の整備 > 教育委員会 > 博物館・文化財 > 松本城 > 松本城黒門・太鼓門の耐震診断結果について

本文

松本城黒門・太鼓門の耐震診断結果について

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

 松本市では、来場者の安全確保と文化財的価値の維持を目的として、国宝松本城天守耐震診断に引き続き、黒門・太鼓門の耐震診断を実施しました。
 診断の結果、『大地震動時の倒壊危機性及び中地震動時の非倒壊』と判定され、特に太鼓門は震度6強から7の大地震動時の耐震性能が不足していることが判明いたしました。
 この診断結果を踏まえ、松本市は直ちに耐震対策等に着手いたしましたが、耐震工事の完了までには数年間の期間が必要となる状況です。
 黒門・太鼓門を通行される皆さまにおかれましては、こうした状況をご理解のうえご通行いただくとともに、地震発生時には、係員の指示に従い、落ち着いて行動していただきますようお願いいたします。
 なお、これまで実施してきました太鼓門特別展示につきましては、耐震工事が完了するまでの間、中止いたしますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。このページのトップに戻る


松本市AIチャットボット