ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

松原地区

更新日:2024年6月1日更新 印刷ページ表示
松原地区は松本市の東南部に位置し、昭和53年に宅地開発された面積は45ヘクタールの住宅地です。鉢伏山から西に流れ出た牛伏川の氾濫でできた扇状地に松林があったことが「松原」の地名の由来です。

地域づくりセンターからのお知らせ

運行期間延長に向けて! のるーと松本利用促進

近い未来のご自身・ご家族・地域のために、公共交通の維持は不可欠です。 利用方法がわからない方、いまは乗る必要ないという方も、この機会にぜひ一度ご乗車してみてください!

 町会連合会から、先着50名様に乗車クーポン(往復)をプレゼントします!!

 松原地区公民館にてお受け取りください。※クーポン有効期限:6月28日(金)まで

 今後の利便性向上のために、ぜひアンケートにもご協力ください。

AIオンデマンド交通「のるーと松本」の運行について

 AIオンデマンド交通「のるーと松本」は、乗りたい時に電話やスマートフォンアプリ、LINEから予約すると、他の利用者の方と乗り合って希望する目的地まで移動できる乗合バスです。

 利用を希望される方からの予約に応じて運行するため、決められた運行ルートやダイヤはありません。ご希望の日時や乗降場所をご指定いただき、利用していただきます。

  • 運行期間 令和5年10月2日(月曜日)~令和6年6月28日(金曜日)
  • 運行時間 平日:午前9時~午後5時 ※土日祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は休業日
  • 運行範囲 松原・寿・寿台を中心とした144ヵ所の乗降ポイント内
  • 配車方法 電話、専用アプリ、松本市公式LINEで予約可能(乗車日3日前から乗車直前まで)
  • 運  賃 1乗車(片道)300円 ※未就学児は無料

 詳細はパンフレット [PDFファイル/16.05MB]をご確認ください。また、最新の乗車の様子はのるーと松本通信6月号(松原地区) [PDFファイル/840KB]をご覧ください。

 

松原地区の皆さんへ

松本市から他団体から福祉ひろばから公民館から

町会会員の皆さんへ

各町会から町会内のグループから

松原地区の「防災通信」を紹介します

 松原地区町会組織の防災アドバイザーによる防災・減災に関する取り組みを紹介します。

 松原第6町会では「防災通信」を発行し、町会内の防災意識を高めるため、住民の中で回覧しています。

 他の町会でも防災意識をお持ちいただき、減災に努める一助となれば幸いです。

松原地区の「からくり時計」

 「松原ショッピングモール」の中央には、街のシンボルであるからくり仕掛けの時計台があります。

 音楽に合わせて動く姿や冬季のイルミネーションを是非ご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット