ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 基本情報 > 市の取り組み > デジタルトランスフォーメーション(DX) > 『D-Lab@まつもと』 ~デジタル技術を駆使した松本の未来をデザインする研究室~

本文

『D-Lab@まつもと』 ~デジタル技術を駆使した松本の未来をデザインする研究室~

更新日:2022年6月17日更新 印刷ページ表示
D-Lab@まつもと

職員発!有志の職員によるデジタル研究室

所属や役職に制限なく、デジタルやデータの活用に関心ある職員を広く募集した有志の職員で、デジタル技術を駆使した松本の未来をデザインする研究室 「 D-Lab(ディー・ラボ) )@まつもと 」を立ち上げ活動しています。

1 目的

・職員のデジタルマインドの 向上(人材育成)
・デジタル化に関する職員間の活発な発言の場の提供

2 研究対象

行政分野に留まらない、デジタル、データを活用した社会のデジタル化までを研究しています。

3 活動内容

ゼミナールを通じて、先端デジタル技術やデータについて理解を深めながら、 参加者の主体性や向上心を重視して研究しています。

4 活動実績

多くの事業者等の連携・協力の下、活動しています。

令和4年2月4日(金) Lab設立、第1回ゼミナール『DX』

令和4年3月24日(木) 第2回ゼミナール『メタバース』

令和4年4月28日(木) 第3回ゼミナール『モバイル空間統計をはじめとしたデータの利活用』

令和4年5月23日(月)、6月17日(金) 官民連携による「松本メタバース研究会」への出席

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

松本市AIチャットボット