ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 住まい・交通 > 交通 > 交通政策 > まつもと公設民営バス
現在地 トップページ > 分類でさがす > 住まい・交通 > 交通 > 地域公共交通 > まつもと公設民営バス

本文

まつもと公設民営バス

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

公設民営化とは

松本市では、行政が路線バスの新しい制度設計や効率的な路線の再編、運賃体系などを設計(マネジメント)し、民間事業者が運行業務やサービスの提供を行い、将来にわたり市民の足となる公共交通を持続可能なものとする、公設民営化事業を進めます。

多事争論会を開催しました

令和4年3月5日(土曜日)に多事争論会を開催しました。

多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

当日の模様は以下リンクからご覧いただけます。

多事争論会<外部リンク>

当日の資料

3月5日多事争論会当日資料 [PDFファイル/2.37MB]

発言意向票・Slidoでいただいた意見と回答

発言意向票の意見と回答 [PDFファイル/322KB]

Slidoの意見と回答 [PDFファイル/395KB]

意見交換会を開催しました

意見交換会での意見

意見交換会開催状況と会場での意見 [PDFファイル/358KB]

開催状況と当日資料

令和4年1月21日(金曜日) 会場:松本市総合社会福祉センター

当日資料

<制度の概要及び深志南ブロック(該当地区:庄内・鎌田・松南・田川)の再編案などの説明内容となります>

令和4年1月24日(月曜日) 会場:第三地区公民館

当日資料

<制度の概要及び深志中ブロック(該当地区:第一・第二・第三・東部・中央)の再編案などの説明内容となります>

令和4年1月25日(火曜日) 会場:寿地区公民館

当日資料

<制度の概要及び南部ブロック(該当地区:芳川・寿・松原・寿台・中山・内田)の再編案などの説明内容となります>

令和4年1月26日(水曜日) 会場:波田公民館

当日資料

<制度の概要及び西部ブロック(該当地区:安曇・奈川・梓川・波田)の再編案などの説明内容となります>

令和4年1月30日(日曜日) 会場:岡田公民館

当日資料

<制度の概要及び東山部ブロック(該当地区:岡田・入山辺・里山辺・本郷・四賀)の再編案などの説明内容となります>

令和4年2月10日(木曜日) 会場:島内公民館

当日資料

<制度の概要及び河西部ブロック(該当地区:島内・島立・新村・和田・笹賀・神林・今井)の再編案などの説明内容となります>

なぜ今、公設民営化が必要?

現在市内では、路線バスの利用者が減少することにより、事業者の収入が減少、それに伴い減便や廃線を行うことでさらに利用者が減ってしまうといった負の連鎖が起きています。
全国的にも路線バスの利用者は年々減少しており、路線バス事業は民間事業者だけで維持していくことが困難な状況にあります。そこで行政が多額の補てんをして路線バスを維持しているのが現状です。
これらを踏まえ、これからは行政がより深く関わり、これまでの地域の足を見直すことで、持続可能な路線バスの運行を目指します。それに加え、地域コミュニティの崩壊を防ぐといった狙いもあります。

公設民営化でどう変わる?

行政が路線バス事業に大きく関わることで、エリア全体を一体的に捉えた交通ネットワークの再編や乗り継ぎのしやすさなど、利便性を向上させて、将来にわたって路線バスが維持できるようにします。
具体的には利用の少ない路線の廃止や再編、利用しやすい運賃体系の再設計、キャッシュレス化などを行います。
また、地域の実情に合わせたバス以外の少量移送サービスを整備し、皆さんの「ラストワンマイル」を確保します。

  • 少量移送サービスとは
    特定のエリアにおける小さい移送のこと(例:乗合タクシーなど)
  • ラストワンマイルとは
    最寄り駅やバス停と自宅などの短距離や、区域内の比較的狭い範囲内の移動のこと

現在の路線と再編後の路線


図のように、さまざまな交通をエリア一体でネット―ワーク化することにより、長大な路線をコンパクトにし、本数を増やしたり、地域の特性に合わせた路線を構築します。

関連資料

↑関連計画などはこちら

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット