このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨を差し控えることについて

ページ番号:796-511-424

更新日:2020年6月23日

 子宮頸がん予防ワクチンの場合、政令で定める標準的接種年齢(中学1年生相当の女子)に個別に通知することが一般的ですが、厚生労働省の勧告に基づき、個人通知を見合わせています。

 個人通知は見合わせていますが、子宮頸がん予防ワクチンが定期接種の対象であることは変わりません。接種を希望する対象者(小学校6年生相当から高校1年生相当の女子)の方は、定期接種として接種を受けることが可能です。

 接種を希望される方は、市役所健康づくり課(東庁舎2階)または市内の保健センターへ母子健康手帳を持ってお越しください。予診票兼接種券、実施医療機関一覧表、リーフレットをお渡しします。

 接種を検討される際や接種をご希望の際は、下記のリーフレットを必ずお読みください。

リーフレット

HPVワクチン接種後の相談窓口

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)
電話:0263-34-3217 FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。