ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 妊娠・出産 > 松本市不育症検査費用助成事業

本文

松本市不育症検査費用助成事業

更新日:2022年12月2日更新 印刷ページ表示

不育症検査費用助成事業について

現在、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、検査に要する費用の一部を助成します。

対象となる検査

 先進医療として告示されている不育症検査

  ※流死産検体を用いた遺伝子検査(次世代シーケンサーを用いた流死産繊毛・胎児組織染色体検査)

助成を受けることができる方

 次の条件をすべて満たす方が対象です。

  • 申請時に松本市に住民登録があること
  • 2回以上の流産・死産の既往があること
  • 対象となる検査の結果について、不育症検査結果個票を国に提出することに同意すること

 対象者の年齢、助成回数に制限はありません。

助成内容

 1回の検査につき5万円を上限に助成します。

実施医療機関

 国で助成対象となる不育症検査の実施機関として承認を受けている保険医療機関
 

申請に必要なもの

申請窓口

 松本市役所健康づくり課(東庁舎2階)

申請期間

 検査が終了した日の属する年度内(4月1日~翌年3月31日)に申請してください。このページのトップに戻る

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット