ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 環境・水道 > 上水道・下水道 > 上水道・下水道 > 松本市上下水道局 > お客様へ > 上下水道局からのお願い > 空き家をお持ちの方、冬季に長期間留守をされる方は、水道管の凍結・破裂にご注意ください

本文

空き家をお持ちの方、冬季に長期間留守をされる方は、水道管の凍結・破裂にご注意ください

更新日:2023年12月1日更新 印刷ページ表示

 

空き家・長期間留守の場合

 寒い冬には水道管が凍結し、破裂する恐れがあります。空き家などで水道管が凍結破裂すると、発見が遅れ大量な使用量になるため、水道料金が高額になる場合があります。

 水道メーターから宅内側は、お客さまの責任で管理していただくこととなっておりますので、水道の使用中止の手続きを行ったり、水抜き栓で水を抜くなど、適切な防寒をお願いします。
 なお、宅内の水道修理は松本市指定給水装置工事事業者(指定工事店)へ依頼してください。(上下水道局では、宅内の水道修理は行っていません。)

凍結しやすい場所

 気温がマイナス4度以下になりますと、防寒の不完全な水道は凍ったり、水道管が破裂したりします。長期間留守にすると室内の気温も下がります。
 特に多いのは次のようなところです。早めに冬じたくをしましょう。

  • 水道管がむき出しになっている所
  • 水道管が建物の北側にある所
  • 風当たりの強いところにある水道管
  • メーターボックス内

防寒のしかた

保温材の巻き方

  • 保温材を巻きます。蛇口が破裂しやすいので、上まで完全に包んでください。(屋内の立ち上がり)
  • 電熱帯(凍結防止帯)を巻きます。その際、保温テープを上から巻いてください。プラグをコンセントに差し込むのを忘れないようにしてください。(屋外の立ち上がり)
  • 不凍栓を閉めて水を抜きます。その際、蛇口は開けておいてください。

メーターボックス防寒例の画像
メーターボックス防寒例(メーターボックス断面)

  • メーターボックスの中に、使い古しの毛布や布きれ・発泡スチロールなどを入れ、保温してください。その際、濡れないようにビニール袋などに入れてください。(メーターの上は取り外しができるようにしておいてださい。)
  • 蛇口を開いて、水をわずかに出しておく方法もあります。(ただし、上下水道料金がかかります。)

水道が凍って出ない時は

タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。
熱湯はかけないでください。

水道管が破裂した時は

 止水栓か不凍栓をしめて、水を止めてください。破裂をした部分に布かテープをしっかりと巻きつけて応急手当をし、松本市指定給水装置工事事業者(指定工事店)に修理をお申し込みください。

水洗便所やガス湯沸器などから水が漏れている時は

 松本市指定給水装置工事事業者(指定工事店)か購入した販売店に修理を依頼してください。

 

使用中止の手続きについて

 長期間水道を使用しない場合は、使用中止届をご提出ください。水道の使用契約中は使用量にかかわらず基本料金が発生しますが、使用中止手続きによる水道料金等の精算後は、基本料金が発生しなくなります。

  水道の使用中止手続き方法はこちら

 

 

 

お問い合わせ先

上下水道局 水道料金センター
電話:0263-48-6810
Fax:0263-48-6815

このページのトップに戻る


松本市AIチャットボット