ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康 > 感染症・特定疾患 > 9月24日から30日は結核予防週間です

本文

9月24日から30日は結核予防週間です

更新日:2022年9月22日更新 印刷ページ表示

 結核予防週間は、結核に関する正しい知識の普及のために厚生労働省が定めた期間であり、全国的に啓発活動が行われています。

   今年度の標語は「私が結核?って思いました。早く分かったので、今はこうして笑っていられます。」です。

 リーフレット 

  結核予防週間リーフレット(厚生労働省作成) [PDFファイル/739KB]

                                                                                                            

結核とは?

結核は昔の病気ではありません

 結核は、国内で今でも年間1万人以上の新しい患者が発生し、約2千人が命を落としている日本の主要な感染症です。近年では、結核患者に占める高齢者の割合が3分の2以上にのぼっています。

結核の感染

 結核の症状(長引く咳、たん、微熱、体のだるさなど)には特徴的なものがなく、早期には目立たないことが多いため、特に高齢者では気づかないうちに進行してしまうことがあります。結核が進行すると、咳やくしゃみなどによって、空気中に結核菌が飛び散るようになります。その結核菌を吸い込むことにより周りの人に感染が拡がります(空気感染)。

早期発見・早期治療が大切

 咳やたんが2週間以上続く、微熱や倦怠感(体のだるさ)が続く場合は、結核の可能性があります。早めに医療機関を受診しましょう。発病しても、早期に発見できれば、本人の重症化を防げるだけではなく、大切な家族や友人等への感染拡大を防ぐことができます。

松本市の結核情報

 令和3年中に松本市では12人が結核を発病しています。また、その内9人の方が65歳以上です。
 松本市は全国と比較して1年間に結核にかかる人数は少ないですが、決して昔の病気とは言えません。

結核り患率

結核について詳しく知りたい方は

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット