ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

固定資産の価格(評価額)に疑問があるとき

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

固定資産税の内容について、お知りになりたい場合は、お気軽に資産税課におたずねください。
また、固定資産課税台帳に登録されている価格について、不服がある場合には、納税通知書の交付を受けた日後3か月以内に、固定資産評価審査委員会に対して、審査の申出をすることができます。このページのトップに戻る

 

  • 令和3年度分の土地の価格(評価額)に係る審査申出の特例について

令和3年度分の固定資産税・都市計画税に限り、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、納税者の負担感に配慮する観点から、負担調整措置により税額が増加する土地について、前年度の税額に据え置く特別な措置を講じています。令和3年度において、住宅地の評価額が上がっているのに税額に変動がない場合等がこのケースに当たります。
こうした特別な措置の対象となった土地に係る令和3年度分の価格について不服がある場合は、令和3年度の納税通知書の交付を受けた日後15か月を経過する日までの間に、審査申出を行うことができます。


松本市AIチャットボット