ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市たばこ税

更新日:2022年2月21日更新 印刷ページ表示

市たばこ税について

市たばこ税は、たばこの消費に対してかかる税金です。
たばこの小売価格には、市たばこ税のほかに、国たばこ税や県たばこ税などの税金も含まれています。
市内でたばこを買うと、支払った代金に含まれる市たばこ税は市の収入となり、みなさんの暮らしに役立てられます。

納税義務者と納税

市内の小売販売業者にたばこを売り渡す製造たばこの製造者、特定販売業者(輸入業者)及び卸売販売業者です。
納税義務者が、毎月1日から末日までの間に、市内の小売販売業者に売り渡したたばこの本数に対して計算した税額を、翌月末日までに市に申告し、納めることになっています(売り渡し本数×税率)。
※消費者は、既に税金が納付済みのたばこを購入することにより、税金を負担していることになります。

税率

 平成30年度税制改正におけるたばこ税関係法令の改正により、税率が段階的に引き上げられました。

税率(1,000本あたり)
期間 地方税 国税 合計
市たばこ税 県たばこ税 国たばこ税 たばこ特別税
平成30年10月1日~
令和2年9月30日
5,692円 930円 5,802円 820円 13,244円
令和2年10月1日~
令和3年9月30日
6,122円 1,000円 6,302円 820円 14,244円
令和3年10月1日~ 6,552円 1,070円 6,802円 820円 15,244円

※紙巻たばこ旧3級品(エコー、わかばなど)は平成28年4月1日以降税率が段階的に引き上げられ、令和元年10月1日から一般の紙巻たばこと同じ税率になりました。このページのトップに戻る


松本市AIチャットボット