ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

子宮頸がん検診

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

子宮がん検診を受けられない方

  • 子宮の病気で治療中または自覚症状(不正出血等)のある方
  • 月経2日~3日目で、出血量が多いときは避けてください。

子宮がん検診のご案内

申込み開始

  • 支所・出張所・保健センターの検診  令和4年6月下旬※を予定
  • 指定医療機関の検診 令和4年4月1日から
 
対象者

今年度20~29歳

(平成5年4月2日~平成15年4月1日生まれ)の女性

今年度30歳以上

(平成5年4月1日以前生まれ)の女性

検査内容

問診・内診・頸部細胞診

(指定医療機関での検診のみ、医師が必要と認めた場合には、引き続き体部検診を実施します。体部検診は別途1,000円かかります)

オプション HPV(ヒトパピローマウイルス)検査を追加できます。

受診場所

申込方法

(2)指定医療機関

子宮がん検診実施医療機関を検索し、希望する医療機関に直接電話申込み

(3)支所・出張所等(検診車

受診期間

令和4年4月1日~令和5年3月31日

(会場により異なります)

受診料

頸部検診 500円

頸部検診 500円

(HPV検査 +500円)

無料クーポン対象者 今年度21歳(平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれ)
持ち物

受診券、健康手帳(お持ちの方)、無料クーポン(対象者)、保険証(指定医療機関で受診する場合)

検診結果

指定医療機関 医療機関で説明

医師会検査健診センター・支所・出張所・保健センター(検診車) 後日郵送(約1か月後)

受診券について(子宮がん検診)

受診券の発行については、こちらのページをご覧ください

子宮がん検診受診券

子宮がん検診を受診する際は、次の受診券を使用します。

受診券は2パターンあります。



パターン1
  • 個人通知で届きます(令和4年6月下旬ごろ)
  • お手元に届いてから令和4年度中に使用できます(令和4年6月下旬から令和5年3月末まで)
  • 受診券の色が対象者によって異なります(詳細は下図参照)


使用方法

ミシン目で切り取り、受診時に受付に提出してください。

子宮がん検診受診券パターン1



パターン2
  • 検診会場にあります
  • 令和4年度の受診券(パターン1)が届く前に使用できます(令和4年4月から令和4年6月下旬ごろ)


使用方法

受診時に受診券がお手元に届いていないことを受付でお申し出ください。

用紙に必要事項を記入して、受診券として使用していただけます。

子宮がん検診受診券パターン2

 

 

無料クーポンについて(子宮頸がん検診)

以下の年齢になる方に、子宮頸がん検診を無料で受けられるクーポンをお送りします。

対象者

今年度21歳(平成13年4月2日~平成14年4月1日生まれ)

発送予定

令和4年6月下旬  健(検)診の案内通知に同封されます。

 

<令和3年度のクーポン例>

子宮頸がん検診クーポン

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

松本市AIチャットボット