ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

建築物の耐震診断

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

昭和56年5月31日以前に市内に着工された建築物の耐震診断の費用の一部を補助する制度があります。
詳しくは建築指導課までお問い合わせください。

避難施設

昭和56年5月31日以前に着工して建築された、松本市地域防災計画において、避難に準じる町会一時集合場所として指定された町内公民館の耐震診断に要する経費を助成します。

対象

木造在来構法の建物に限る
診断に関する経費 1,000円/平方メートル

特定既存耐震不適格建築物

昭和56年5月31日以前に着工して建築された、耐震改修促進法第14条第1号に該当する特定既存耐震不適格建築物の耐震診断に要する経費を助成します。対象は、学校、病院、百貨店、事務所、老人ホームなどの多数の者が利用する一定規模以上の建築物です。詳しくは、別表1を参ください。

助成を希望する場合は、事前に建築指導課までご相談ください。

対象

診断に関する経費3.67千円/平方メートル(建築物の床面積により単価の引き下げあり)
対象経費の2/3

お問い合わせ

建設部 建築指導課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎4階)
電話:0263-34-3255 Fax:0263-33-2939

この担当課にメールを送る

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット