ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

松本市空家等対策計画

更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

松本市空家等対策計画とは

 超少子高齢型人口減少社会を迎え、地域における家族構成や社会的ニーズの変化、既存の住宅や建築物の老朽化に伴い、全国的に空家等の数が年々増加しています。
 利活用されずに適切な管理が行われていない空家等が増加することは、安全性の低下、公衆衛生の悪化、景観阻害等の問題を生じさせ、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼすことが懸念されます。
 このような状況の中、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき、市民の安全及び生活環境を保全するため「松本市空家等対策計画」を策定いたしました。
 本市の基本的な取組姿勢や方針を市民に示すとともに、空家等対策を総合的かつ計画に推進していきます。

松本市空家等対策協議会

 空家等対策協議会とは、空家等対策の推進に関する特別措置法第7条に基づき、幅広い分野で専門的な視点から意見等の聴取を行い、空家等対策計画の進捗に関する検証、空き家の利活用や適正管理の促進などを協議するため設置したものです。

松本市空家等対策協議会 委員名簿

令和2年度第1回 松本市空家等対策協議会(令和2年8月27日開催)

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット