ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 環境・水道 > 衛生 > 害獣・害虫 > 有害鳥獣捕獲用箱わなを貸し出します

本文

有害鳥獣捕獲用箱わなを貸し出します

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

耕地林務課(森林整備担当)は、組織改正により森林環境課となり梓川支所内へ移転しました。

移転先

〒390-1792 松本市梓川梓2288番地3
 電話 0263-78-3003
 Fax 0263-78-3942

梓川支所

概要

ハクビシン等による農作物被害や屋根裏に住み着くなどの生活環境被害が発生している場合に、松本市では有害鳥獣捕獲許可と捕獲用箱わなを貸し出します。

捕獲について

ハクビシン等の野生鳥獣の捕獲については、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に基づき原則として禁止されています。生活環境、農林業又は生態系に係る被害が現に生じているか、またはそのおそれがあり、原則として被害等が防止できないと認められる場合のみ野生鳥獣を捕獲できることとなっています。

対象鳥獣

ハクビシン、タヌキなどの小型の箱わなで捕獲可能な鳥獣

貸出条件

  • 防除対策を行ったうえでも、農作物被害や屋根裏に住み着くなどの生活環境被害が続いている。
  • 捕獲後の処分は個人で行うこと。
  • 箱わなのエサの管理や点検は個人で行なうこと。

箱わな貸出から返却までの流れ

  1. 申請
    鳥獣の捕獲許可と箱わな貸し出しについて、申請書を提出します。
    提出書類は、鳥獣捕獲許可申請書、箱わなを設置する箇所の位置図、借用書、確約書になります。
    申請書の様式は本ページ(下段)からダウンロードできます。
  2. 貸出
    申請から捕獲の許可が下りるまでに5~7日程度かかります。許可が下りたら、箱わなを受け取りにおいでください。
  3. 設置
    箱わなを設置し捕獲作業を行います。
  4. 返却
    捕獲許可期間が終了したら、箱わなを返却します。

注意点

  • 箱わなの設置場所は、被害がある許可された場所でしか使用できません。
  • 猫等が誤って箱わなに捕獲された場合は、速やかに解放してください。
  • 箱わなの設置にあたっては、近隣住民とトラブルにならないように十分ご注意ください。
  • 箱わなによる事故が起こらないよう、万全の注意を払ってください。万一事故等が発生した場合には、使用者の責任において対応してください。
  • わなは使用者が使用し、他の人への貸し出しは絶対にしないでください。
  • 捕獲された鳥獣には直接手で触れないようにしてください。特に子どもさんがいるご家庭はご注意ください。
  • 使用後は、箱わなを洗浄して返却してください。

箱わなについて

間口:約36cm
高さ:約37cm
奥行:約93cm

捕獲許可に必要な申請書等の様式

うまく捕獲するコツ

野生動物は警戒心が強く、箱わなを置いただけでは捕獲できません。
根気よく、エサをやり箱わなに慣れさせることが肝心です。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット