ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 産業振興 > 農業 > 国内において鳥インフルエンザの感染が確認されました

本文

国内において鳥インフルエンザの感染が確認されました

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

国内の採卵鶏農場において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されました。
鳥インフルエンザに関しましては、農林水産省や長野県等からの正確な情報に基づいて、冷静な対処をしていただきますとともに、下記の点にご留意いただきますようお願いいたします。

死亡した野鳥を発見したら

ウイルスや細菌、寄生虫に感染しないよう、死んだ鳥を素手で触らないようにしてください。
また、まとまって野鳥などが死んでいるのを見かけた場合は、森林環境課(0263-78-3003)までお知らせください。

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザは、ヒトに感染する可能性はきわめて低いと考えられています。
これまで、鶏肉や鶏卵を食べることによってヒトに感染したという事例の報告はありません。

お問い合わせ

  • 野鳥に関するお問い合わせ
    環境エネルギー部 森林環境課
    電話: 0263-78-3003
  • 鳥インフルエンザに関するお問い合わせ
    産業振興部 農政課
    電話: 0263-34-3222

松本市AIチャットボット