ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 産業振興 > 農業 > 松本新規就農者育成対策事業

本文

松本新規就農者育成対策事業

8 働きがいも経済成長も
更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

令和4年度の申込受付期間は、令和4年8月1日から8月31日までを予定しています。

令和4年度から支援内容の一部改正をしました。(営農生活資金・家賃補助)

事業概要

 市内で新規就農を目指す方を研修生として採用し、実践的な農業研修と就農支援を行います。事業の運営は、松本ハイランド農業協同組合、(有)アグリランド松本、松本農業農村支援センター、松本市農政課、松本市農業委員会事務局で構成する協議会が行います。

募集人数

 3名程度 ※書類審査及び面接により採用者を決定します。

応募資格

次の要件をすべて満たす方

  • 農業に意欲を持ち、新たに農業経営を開始しようとする方
  • 当面の営農・生活資金を有した、おおむね60歳以下の方
  • 家族の同意と協力を得て、自己責任で農業経営ができる方
  • 研修終了後3年以上、松本市内で農業経営を継続できる方
  • 研修期間中、長野県新規就農里親制度を活用可能な方
  • 就農準備資金・経営開始資金(国庫補助金)の交付を受けていない方
  • (旧)農業次世代人材投資資金(準備型)の交付を受けていない方

※原則として、農家の後継者は対象外

研修内容

  • 研修期間は、最長3年間(2年間での修了も可)です。
  • 長野県新規就農里親制度に規定する研修の他、松本ハイランド農業協同組合、松本農業農村支援センター、(有)アグリランド松本による営農技術指導及び経営指導を行います。
  • 松本市内の農地を協議会が借り受け、研修生が専属で耕作します。
  • 研修で栽培する作物は、りんご、ぶどう、セルリー、すいか、施設野菜、その他松本ハイランド農業協同組合が定める振興品目及び補完品目とします。

研修支援

  • 研修期間中、営農生活支援資金として1年目は月額10万円、2年目以降は月額8万5千円を支給します。
  • 家賃支払がある研修生には、家賃の2分の1(月額1万円を上限、18歳未満の子が同居の場合は月額2万円を上限)を支給します。
  • 研修に必要な上限200万円までの農業機械を協議会が取得し、研修生に無償貸与します。研修修了後、取得費の4分の1で研修生に払い下げます。
  • 研修で一時的に必要な機械等のリース料、ハウス取得費、果樹苗木購入費の助成があります。
  • 研修に必要な農地の賃借料を全額支援します。研修用農地は、研修修了後に利用権名義の変更をして引き続き利用することが可能です。
  • 研修で栽培した作物の売上は研修生の収入となります。

※健康保険・年金等の社会保険料、傷害保険料、農業資材購入費等の諸費用は研修生の負担となります。

注意事項

 特別な理由なく研修を中止した場合及び研修修了後3年以内に農業経営を中止した場合は、支給済みの営農生活資金を一括して全額返還していただきます。採用後、研修を開始するにあたり誓約書の提出と保証人を求めます。

応募方法について

 申込受付期間中に、事業主体となる松本ハイランド農業協同組合へ申込書を提出してください。
 申込み用紙のダウンロード、申込書提出先は以下のページをご覧ください。

 ※令和3年度研修生の募集ページです。令和4年度の申込受付開始までに更新します。

申込受付期間

 令和4年8月1日(月曜日)から令和4年8月31日(水曜日)まで

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット