ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 環境・水道 > 産業廃棄物・事業所 > 事業所規制・届出 > 松本市一般廃棄物収集運搬業の新規許可について

本文

松本市一般廃棄物収集運搬業の新規許可について

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

趣旨

 平成30年度松本市一般廃棄物処理実施計画に基づき、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第7条第1項に規定する一般廃棄物収集運搬業の許可を当面の間は行いません。

市の方針

  • 一般廃棄物収集運搬業については、一般許可、限定許可を問わず、原則として、平成30年度から令和4年度(松本市一般廃棄物処理計画の中間見直し年度)までの間は、新規許可を行わないこととします。
  • 令和4年度に行う一般廃棄物処理計画の見直しの際に、令和5年度以降の新規許可について再度検討することとします。

新規許可を行わない理由

  • ごみ排出量の減少が予想されるなか、既存許可業者の処理能力において十分な処理が可能であるため。
  • 一般廃棄物の適正な処理の継続的かつ安定的な実施が確保されるよう、業の許可の運用を行うことが重要であるとの通知等をふまえ、当面の間、新規許可を行わないことが適当であると判断したため。

松本市AIチャットボット