ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保健予防課 > 新型コロナウイルス感染症に係る療養期間の証明書の発行について

本文

新型コロナウイルス感染症に係る療養期間の証明書の発行について

更新日:2022年10月7日更新 印刷ページ表示

松本市を所管する保健所として、令和3年4月に松本市保健所を新たに設置しました。
塩尻市、安曇野市、麻績村、生坂村、山形村、朝日村、筑北村にお住まいの方は、従来どおり長野県松本保健福祉事務所(長野県松本保健所)にお問い合わせください。
長野県保健福祉事務所(長野県松本保健所)<外部リンク>
長野県 新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト<外部リンク>
 

令和4年9月26日(月曜日)以降、医療機関から「届出対象外」とされた方、オンラインで陽性登録した方は、国に新型コロナウイルス陽性者として登録できないないため証明書の発行を申請できません。

厚生労働省からの周知・協力依頼により、検査陰性の証明書等の提出を求めないこととされていますので、ご配慮とご協力をお願いいたします。

  • 従業員等が感染し、自宅等で療養を開始する際、当該従業員等から、医療機関や保健所が発行する検査の結果を証明する書類を求めないこと。やむを得ず証明を求める必要がある場合であっても、真に必要のない限り、医療機関や保健所が発行する書類ではなく、従業員等が自ら撮影した検査の結果を示す画像等や、自らMy HER-SYS で取得した療養証明書等で確認いただきたい。
  • 従業員等が感染し、療養期間が経過した後に改めて検査を受ける必要はないこととされていることを踏まえ、当該従業員等が職場等に復帰する場合、検査陰性の証明書等の提出を求めないこと。
  • 従業員等が保健所から濃厚接触者と認定され、待機期間が経過した後に、職場等に復帰する場合、検査陰性の証明書等の提出を求めないこと。当該従業員等が抗原定性検査キットによる検査により待機期間を短縮する場合、その検査結果を画像等で確認することは差し支えない。

病床、診療・検査医療機関のひっ迫回避に向けた対応(令和4年7月29日新型コロナウイルス感染症対策本部決定)<外部リンク>

日本商工会議所 新型コロナウイルス感染症に係る医療機関・保健所からの証明書等の取得に対する配慮について(厚生労働省からの周知・協力依頼)<外部リンク>

「My HER-SYS」により、療養証明書を表示することができます。

・厚生労働省事務連絡に基づき、患者様自身でMy HER-SYSを利用し療養証明書が表示でき、保険会社の医療保険等の入院給付金の請求にお使いいただけます。
・宿泊療養、自宅療養の期間が、原則の日数から延長になっていない方については、ぜひMy HER-SYSの療養証明書をご利用ください。
・療養証明書についても下記のとおり申請を受け付けいたしますが、発行までに時間を要しますので御了承ください。

【注意】
・宿泊療養、自宅療養の期間が、原則の日数から延長になっていない方が対象です。
・上記以外の方は下記のとおり、松本市が発行する療養証明書をご利用ください。
・疑似症患者(「新型コロナウイルス感染症の感染急拡大時の外来診療の対応について」(令和4年1月24日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡1.(3)に基づき、検査を行わず臨床症状で診断された者を含む。)については、My HER-SYSにおいて診断年月日の表示・証明をすることができませんのでご留意ください。
・療養証明書の表示に療養期間の終了日は記載されません。
・宿泊療養又は自宅療養の期間が、厚生労働省の療養解除基準に準じた期間の範囲内であれば、宿泊療養又は自宅療養の開始日の証明に基づき支払いを行い、宿泊療養又は自宅療養の終了日の証明は求めないような取り扱いとなります。
・本対応については、厚生労働省が日本医師会、金融庁、生命保険協会、日本損害保険協会と協議済みです。

※My HER-SYSの操作方法等に関する一般的なお問い合せ先
 03-6885-7284または03-6812-7818
 受付時間:9時30分~18時15分(土日祝除く)

1 療養証明書以外に療養を証明する書類について

  新型コロナウイルス感染症と診断を受け、保険請求等の理由により療養を証明する書類が必要な方に療養証明書を発行しています。希望する方は、以下の説明をお読みのうえ、申請してください。

 保険請求等のために療養を証明する書類として、新型コロナウイルス感染症の診断を受け、自宅療養または宿泊療養をされている方に送付している以下の通知を使用することができます。

  (1) 「就業制限について」及び「就業制限の解除について」

  (2) 「自宅療養・宿泊療養について」

 ※令和4年4月18日(月曜日)に診断された方から国通知をふまえ、(1)については送付していません。また、療養期間の変更があった場合は(2)の通知は使用できませんので、療養証明書を申請してください。

2 療養証明書発行対象者

松本市保健所からの案内により自宅または宿泊施設で療養した方のうち、次の3つのいずれかに該当する方

  1. 令和4年1月以前に、MY HER-SYS IDを発行されていないが、医療機関、または松本市保健所から陽性と診断された方
  2. 令和4年9月25日(日曜日)までに医療機関、または松本市保健所から新型コロナウイルス感染症として発生届が提出された方(MY HER-SYS IDを発行されている方)※ My HER-SYSによる療養期間の証明をできるだけご利用ください。
  3. 令和4年9月26日(月曜日)以降、医療機関から新型コロナウイルス感染症として発生届が提出された方(届出対象)

※申請はご本人またはそのご家族に限ります。ご家族以外の代理人による申請はできません。

※現在療養中の方は申請いただけません。療養が終了した後に申請くださいますようお願いします。

 

・MY HER-SYS ID は、陽性(届出対象)となった方に、保健所から、健康観察、療養期間の証明などのために、陽性者の方にショートメッセージでお送りした番号です。

・令和4年9月26日(月曜日)以降は、医療機関から届出対象外とされた方は、国への陽性登録ができないため、MY HER-SYS IDの発行、療養期間の証明書の発行ができません。

・陽性の証明には、医療機関で配布されたチラシ「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」【松本市在住の方】をご利用ください。

3 発行までの期間

  感染拡大の影響により発行までお時間をいただいております。申請から1カ月以上かかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

4 お受け取りについて

  郵送にて送付します。

  ※申請いただいた住所が療養時の住所と異なる場合は、療養時にご申告いただいた電話番号あてに保健所から住所等を確認させていただきます。確認ができない場合には証明書の発行を行うことができませんので、あらかじめご了承ください。

5 証明する療養の期間について(参考)

  • 療養証明書に記載する療養期間は、新型コロナウイルス感染症と診断された日から療養終了日です(発症日からではありません)。
  • 療養終了日は、以下のとおりとしています。

<症状のあった方>

  調査時に聞き取りした発症日を0日とした7日目※が療養終了日となります。

  例) 発症日が9月1日の場合 → 療養終了日は9月8日となります。

<無症状の方>

  検体採取日を0日とした7日目が療養終了日となります。

  例) 検体採取日が9月1日の場合 → 療養終了日は9月8日となります。

  • 新型コロナウイルス感染症と診断される前の自宅待機期間は、療養の証明はできません。
  • 上記療養期間以降に自己判断で待機した場合の自宅待機期間は療養の証明はできません。

※療養期間は令和4年9月7日に、原則10日間から7日間に変更となりました。詳しくはこちらをご覧ください。

6 申請方法

 こちらの入力フォーム<外部リンク>から申請してください。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット