ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 基本情報 > 市の取り組み > 都市計画・都市整備・景観 > 松本市再生可能エネルギー発電設備の設置に関する指導基準

本文

松本市再生可能エネルギー発電設備の設置に関する指導基準

更新日:2022年3月9日更新 印刷ページ表示

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法<外部リンク>(平成23年法律第108号)第2条第1項に規定する電気事業者(事業者)が行う同法第2条第3項に規定する再生可能エネルギー発電設備(発電設備)の設置にあたり、生活環境や自然環境等に配慮するとともに、市民相互の理解のもと、円滑に設備の設置が行われるよう、配慮すべき必要な事項を定めました。

  • 「再生可能エネルギー電気」とは、再生可能エネルギー発電設備を用いて再生可能エネルギー源を変換して得られる電気をいいます。
  • 「再生可能エネルギー発電設備」とは、再生可能エネルギー源を電気に変換する設備及びその附属設備をいいます。
  • 「再生可能エネルギー源」とは、次に掲げるエネルギー源をいいます。
  1. 太陽光
  2. 風力
  3. 水力
  4. 地熱
  5. バイオマス(動植物に由来する有機物であってエネルギー源として利用することができるもので、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される製品を除く。)
  6. 上記に掲げるもののほか、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭並びにこれらから製造される製品以外のエネルギー源のうち、電気のエネルギー源として永続的に利用することができると認められるものとして政令<外部リンク>で定めるもの

対象となる設備規模

設備

事業者が行う発電設備(送電に係る鉄柱等を除く)

規模

  1. 発電設備を設置する敷地(事業区域)の面積が、1,000平方メートルを超えるもの。ただし、建築物の屋根の上に設置するものを除きます。
  2. 発電設備に支障がある周辺立木を伐採する場合は、事業区域に含めます。

発電設備を設置しようとする場合に協議の対象とする区域

次に掲げる区域に発電設備を設置しようとする場合は、届出に先立ち協議を行ってください。

松本市再生可能エネルギー発電設備の設置に関する指導基準

届出書書式

届出に関する書類(Word版およびPDF版)を下記からダウンロードしてお使いください。

再生可能エネルギー発電設備の設置等に係る届出書(様式第1号)

発電設備の設置(新設・増設・改修)の着工30日前までに提出してください。

再生可能エネルギー発電設備の設置等変更・中止届出書(様式第2号)

事業を変更、又は中止するときに提出してください。

再生可能エネルギー発電設備の設置等完了届書(様式第3号)

発電設備の設置が完了したときに提出してください。

再生可能エネルギー発電設備の廃止届書(様式第4号)

発電設備を廃止したときに提出してください。

住民等に対する調整

  • 事業者は、設置の計画概要が明らかになった時点で、住民等に対して説明会を実施してください。
  • 事業者は、説明会で住民等から出された質疑、意見には、適切に対応してください。
  • 事業者は、住民等に対して実施した説明会の議事録を作成し、その写しと質疑及び意見への対応結果を記した書面を、設備の新設・増設・改修の着工30日前までに市に提出してください。
  • 事業者は、設置に係る進捗状況について、必要に応じて住民等に報告してください。
  • 事業者は、設置により周辺環境への影響が認められた場合は、改善のための措置を講じてくたざい。

その他

他法令に基づく許認可及び届出等が必要な場合は、その基準に従い許認可等を得てください。

関連サイト

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット