ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

松本市景観計画

更新日:2022年3月9日更新 印刷ページ表示

松本市景観計画とは

恵まれた自然・歴史・文化資産を活かし、松本市にふさわしい風格ある景観づくりに努めることで、このまちを更に美しく魅力あふれた快適なまちとして、これを次代の市民に引き継いでいくため、景観法に基づいた景観計画を策定しています。

主な内容

松本市景観計画では、良好な住環境の保全、優れた景観形成のために、景観に影響を及ぼす建築行為等に関して、景観形成基準を定めています。

制限の上乗せ

地域の特性や住民の意向を反映させるため、地域住民の合意を得ながら、より厳しい制限(制限の上乗せ)を随時追加します。

届出が必要です

 景観法第16条の規定により、景観計画区域内(市内全域)において、一定規模以上の建築物、工作物等を建設する場合は、工事着手の30日前(建築確認申請前)までに、必要な図面を添付した届出書が必要です。
 屋外広告物の設置等については、松本市屋外広告物条例による許可申請が必要です。

策定の経緯

  • 平成20年4月1日 景観計画の施行
  • 平成25年4月1日 安曇、奈川、梓川、四賀、空港東の建築物高さ制限の追加
  • 平成27年4月1日 波田地区の追加
  • 平成30年1月1日 景観事前協議制度の施行

景観計画本編

令和元年5月29日 内容を時点修正

景観計画概要版

令和元年8月2日更新

景観計画の手引き

  1. 高さ
    中高層建築物等における景観配慮
  2. 色彩
    アクセントカラー
  3. 緑化
    緑化の割合と植栽基準、緑地と植栽基準の考え方、駐車場緑化
  4. 工作物の景観形成基準
    携帯電話無線基地局等、太陽光発電施設

届出・通知が必要な規模

届出様式

通知様式

景観法第16条第5項による通知書様式です。(国の機関または、地方公共団体が行う行為)

届出書・通知書の添付図書

添付図書は2部必要です。縮尺は行為の規模に応じて変更できます。

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット