ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

緊急通報装置

更新日:2022年6月15日更新 印刷ページ表示
65歳以上のひとり暮らしの方等で、急病等の緊急時に対応が困難な方に対して、緊急通報や健康相談ができる「緊急通報装置」の貸し出しをしています。

対象者

松本市内に居住する一人暮らしの方のうち、次のいづれかに該当する者 
   1 65歳以上の高齢者
   2 身体障がい者(1、2級)
   3 心疾患、高血圧症、ぜんそくの方(1級、2級)
以上のほか、寝たきり老人夫婦等
※同一敷地あるいは隣接地に親族がいる場合は原則として対象外です。 

設置場所

対象者の住居

貸出装置

1 緊急通報装置本体
2 ペンダント型小型無線発信機
3 安否確認用人感センサー

設置のための条件

1 固定電話回線を設置していること
2 緊急の場合、設置者宅に安否確認や救助が可能な協力員を原則として3名確保すること
3 合鍵を警備会社に預けること

委託業者

綜合警備保障株式会社(アルソック)

料金

月額600円
※ 生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で、世帯全員が住民税非課税の者、世帯全員が住民税非課税で本人の前年の合計所得金額と課税年金収入が80万円以下は利用料免除

申請方法

申請書 1部
利用契約書 2部
所得等に対する松本市の調査に関する承諾書 1部
※様式は下記リンク先にあります

登録内容の変更について

親族や協力員の電話番号が変更になる等、申請時の登録内容を変更される場合は、変更届を提出してください。

機器の撤去について

一人暮らしでなくなる等対象者の要件を満たさなくなった場合や、引っ越しされる場合は、機器を撤去する必要がありますので、事前に利用停止届を提出してください。
撤去日は、委託業者の都合もありますので、1週間程度余裕を持って提出してください。

注意事項

・電話回線の切替や新設、合鍵の作製等の費用は申請者負担となります。
・装置を設置する環境が整わない場合は、契約締結後であっても、協議のうえ契約を解除する場合があります。
・通報ボタンを使わず電話で警備員の出動要請をした場合は、別途料金が発生します。
・工事に先立ち、委託業者が申請者宅の下見に伺います。その際、人感センサーの取り付け位置確認や平面図作成のため、住宅内に入らせていただいたり写真を撮ることをご了承ください。
・人感センサーは監視カメラではありません。設置場所は一日のうち必ず使う場所に設置します。多くの場合、トイレ入口の天井に設置しています。
・緊急ペンダントを紛失された場合は実費をお支払いいただきます。
・正当な理由なく3カ月利用料金を支払わない場合は解約となります。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット