ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 高齢者 > 介護予防・日常生活支援総合事業の指定申請等に関する様式集

本文

介護予防・日常生活支援総合事業の指定申請等に関する様式集

更新日:2022年10月20日更新 印刷ページ表示

 松本市介護予防・日常生活支援総合事業の指定に関する申請を行う場合は、こちらの様式をダウンロードしてご使用ください。

基準

申請書関係

指定の有効期間の短縮について

 介護予防訪問介護相当サービス、訪問型サービスA及び介護予防通所介護相当サービス、通所型サービスAについては、すでに指定を受けている「訪問介護」「通所介護」「地域密着型通所介護」(以下訪問介護等という。)と同一所在地で一体的に事業を実施する場合に限り、訪問介護等の指定更新の際に指定有効期間短縮の申し出があった場合は、指定有効期間を合わせることができます。
 指定有効期間短縮を希望する場合は、「指定有効期間短縮申出書」を記入の上、提出してください。添付書類については、下記「新規・更新申請添付書類一覧」をご確認ください。
 ◇メリット : 同種のサービスと同時に指定更新手続きを行うことができ、添付書類の省略が可能となる。
 ◇デメリット: 初回のみ指定有効期間が短くなる。

新規・更新申請添付書類一覧

新規指定申請時、指定更新申請時に必要な添付資料の一覧です。

変更届添付書類一覧

変更届を提出する時に添付する資料の一覧です。

付表

様式集

 参考様式は、事業所の様態に合わせ形式を自由に変更してかまいません。また、事業所で別に書式の用意がある場合は、その写し等を添付してもかまいません。

介護給付算定に係る届出(加算)関係はこちら

詳しくはリンク先をご覧ください。このページのトップに戻る

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット