ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

お薬手帳の活用

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

お薬手帳の活用について(お薬手帳への「緊急時・災害時、困りごと相談」連絡先貼付)

 高齢者の多数の方が持っているお薬手帳に緊急時の連絡先や担当者(担当ケアマネジャー・地域包括支援センター)の連絡先等を記載した用紙を貼付することで、緊急時の連絡対応を行えると同時に、日頃からの薬局と担当者との連携を図る目的で行います。

対象者

 松本市に住所があり、お薬手帳を持っている高齢者等で支援が必要な方

実施方法

 薬局窓口でお薬手帳を出す際、またはケアマネジャーや地域包括支援センター職員が訪問等でお薬手帳を確認する際に、お薬手帳の最終ページ等(お薬手帳のよって掲載内容等に違いがあるため、支障のない最終ページ)に連絡先用紙を貼付します。

お薬手帳を更新した場合は、連絡先用紙の再利用が可能であれば、そのまま連絡先用紙をはがして再利用し、再利用が不可能な場合は新しい連絡先用紙を貼付します。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット