ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 高齢者 > 高齢者虐待の相談

本文

高齢者虐待の相談

更新日:2021年12月20日更新 印刷ページ表示

高齢者は家族などから暴力等の虐待を受けていても、介護を受けている遠慮や認知症などにより、高齢者自らが第三者に実情を訴えることが少ないのが実態です。
高齢者虐待でお悩みの方や虐待を見かけた方は、高齢福祉課または西部福祉課にご相談、ご連絡ください。
高齢福祉課 Tel 0263-34-3214 Fax 0263-34-3016
西部福祉課 Tel 0263-92-3002 Fax 0263-92-7112

高齢者虐待とは

高齢者の基本的人権を侵害し、心身に深い傷を負わせる行為をいいます。
高齢者虐待には次のような種類があります。

身体的虐待

 暴力的行為などで、身体に傷やアザ、痛みを与える行為や、外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為

具体例

平手打ちをする、つねる、殴る、蹴る、無理矢理食事を口に入れる、やけど・打撲させる
ベッドに縛り付けたり、意図的に薬を過剰に服用させたりして、身体拘束、抑制をする 等

心理的虐待

 脅しや侮辱などの言語や威圧的な態度、無視、嫌がらせ等によって精神的、情緒的に苦痛を与えること。

具体例

  • 排泄の失敗等を嘲笑したり、それを人前で話すなどにより高齢者に恥をかかせる
  • 怒鳴る、ののしる、悪口を言う
  • 侮辱を込めて、子どものように扱う
  • 高齢者が話しかけているのを意図的に無視する等

性的虐待

本人との間で合意が形成されない、あらゆる形態の性的な行為またはその強要。

具体例

  • 排泄の失敗等に対して懲罰的に下半身を裸にして放置する
  • キス、性器への接触、セックスを強要する等

経済的虐待

本人の合意なしに財産や金銭を使用し、本人の希望する金銭の使用を理由なく制限すること。

具体例

  • 日常生活に必要な金銭を渡さない/使わせない
  • 本人の自宅等を本人に無断で売却する
  • 年金や預貯金を本人の意思・利益に反して使用する等

介護・世話の放棄・放任

意図的であるか、結果的であるかを問わず、介護や生活の世話を行っている家族が、その提供を放棄または放任し、高齢者の生活環境や、高齢者自身の身体・精神的状態を悪化させていること

具体例

  • 入浴しておらず異臭がする、髪が伸び放題だったり、皮膚が汚れている
  • 水分や食事を十分に与えられていないことで、空腹状態が長時間にわたって続いたり、脱水症状や栄養失調の状態にある
  • 室内にごみを放置するなど、劣悪な住環境の中で生活させる
  • 高齢者本人が必要とする介護・医療サービスを、相応の理由なく制限したり使わせない等

高齢者虐待に関する連絡先

健康福祉部
 高齢福祉課 電話:0263-34-3214
 西部福祉課 電話:0263-92-3002このページのトップに戻る


松本市AIチャットボット