ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

まつもとフードシェアマーケット

更新日:2022年7月7日更新 印刷ページ表示

まつもとフードシェアマーケット

フードシェアリングサービスとは、食品としての品質に問題がないのにも関わらず廃棄されていた食品を消費者のニーズとマッチングさせることで、食品ロスの発生や資源の無駄を減らす取組みです。

松本市では、2つのフードシェアリングサービスを推進しています。

まつもとタベスケ

まつもとタベスケは、市内の食品小売店や飲食店が掲載する「食品ロスになってしまいそうな商品の値引き情報」をパソコンやスマートフォンから閲覧し、商品の購入予約ができるサイトです。

予約した時間にお店に行き、商品の受け渡しとお会計をしていただきます。

タベスケの使いかた

 

まつもとタベスケでみんなにいいこと

ユーザーのみなさん
  • お得なお買いものでお店の食品ロス削減に貢献
  • 地域のお店を応援
  • 新しいお店と出会うきっかけに

ユーザー登録はこちらから!みんなで食品ロスを減らしましょう!

https://tabesuke.jp/users/<外部リンク>

お店のみなさん
  • お店のもったいないを減らす
  • 売上アップ、環境配慮型店舗としてイメージアップ
  • お店の広報や来店のきっかけとして
協力店大募集中!

お店の食品ロス危機商品、タベスケに掲載しませんか。

お手持ちのパソコンやスマートフォンで簡単に登録、出品ができます。

まつもとタベスケ利用規約(協力店) [PDFファイル/156KB]

上記利用規約をよくお読みいただき、登録申請お願いいたします。

協力店登録はこちらから!まつもとタベスケについてもっと知りたい方は、担当までお気軽にお問合せください。

https://tabesuke.jp/shops/<外部リンク>

Kuradashi

Kuradashiを利用するとどうなるの?

市民の皆さん

普段のお買い物でフードシェアリングを使うだけで食品ロス削減につながります。
市内のフードバンク団体等へ寄付できるなど、気軽に社会貢献にも参加することができます。

食品関連事業者の皆さん

終売品や販売期限切れの商品など、食品ロスになる前のもったいない食品を買い取り、Kuradashiで販売します。
食品ロスと廃棄コスト削減で企業の社会貢献活動にもなります。

フードバンク団体

Kuradashiでのお買い物による寄附金は、こども食堂等への規格外野菜の運搬や、生活にお困りの方への食品の配送料等に活用されます。

KURADASHI導入セミナーを開催しました!

  • KURADASHIってどんなサービス?
  • どんな商品が出品できるの?
  • 出品までの流れが知りたい!

事業者のみなさまの疑問を解決するため、『KURADASHI導入セミナー』を開催しました。
セミナーの様子は以下のリンクからご視聴いただけますので、廃棄コストに悩んでいる方、今後のためにフードシェアリングサービスについて知っておきたい方、ぜひご視聴ください。

松本市と(株)クラダシは連携協定を締結しました!

2021年7月13日、松本市長と(株)クラダシの関藤代表取締役社長は、「食品ロス削減に向けた連携協定」を締結し、一層の連携を進めていくことを確認しました。

連携協定締結式での臥雲市長と関藤代表取締役社長の画像
連携協定締結式での臥雲市長と関藤代表取締役社長

連携内容

  1. 本協定に関する周知
  2. 市内事業者に向けたKURADASHI等の普及啓発
  3. フードバンク団体の支援
  4. その他、両者で協議して定める事項

松本市と株式会社クラダシとの連携(令和2年12月~)

環境省が実施する「令和2年度地方公共団体による食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業」において、市内にフードシェアリングを導入しました。
市民や事業者の皆さまにKURADASHIについて積極的にお知らせし、活用いただいたほか、KURADASHIの仕組みを利用して、市内で活動するフードバンク団体に約35,000円が寄付されました。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

松本市AIチャットボット