花いっぱい運動

花いっぱい運動発祥の地 松本

 花いっぱい運動は、「社会を美しく、明るく、住みよくする」、また花を通じて人々の気持ちを豊かにとの願いを込め、昭和27年4月8日、当時松本市小学校の教員だった小松一三夢先生によって始められました。
 さまざまな活動を経て、平成17年には発足50周年という節目の年を迎えました。社会を美しく、明るくする願いを込めたこの運動は、今も全国の人々の心に花を咲かせています。

花いっぱい運動発祥記念碑
花いっぱい運動発祥記念碑

主な活動

市内にある大型花壇の植栽

松本城西花壇・松本駅入口花壇(アルプス口・お城口)・中央西公園・記念碑花壇など、市内にある大型花壇への植栽活動を行っています。

花時計公園
花時計公園

松本駅お城口花壇
松本駅お城口花壇

立体花壇の設置

毎年6月~10月頃まで、松本駅お城口広場と、松本インターチェンジ花壇に立体花壇を設置し、松本に来られたお客様をたくさんの花でお出迎えしています。

松本駅お城口広場立体花壇
松本駅お城口広場立体花壇

松本インター立体花壇
松本インター立体花壇

花いっぱい活動の支援

町会や団体等が行う、花いっぱい活動を支援します。

花いっぱい花壇コンクール

日頃から花いっぱい運動を実施している、個人・団体・企業・学校の花壇や、花畑を対象とするコンクールを行っています。

花いっぱいフラワーコンテスト

直径1mの丸いフラワーバスケットに、自身のアイディアで自由に花を植え、そのデザイン等を競い、賞を決めるコンテストを行っています。

松本市オープンガーデン

オープンガーデンとは、庭園所有者の善意に基づくボランティアによって実施されており、無料で自分の庭を公開しています。

街を花いっぱいにする会