国連軍縮会議開催報告書1

ページ番号:512-076-403

更新日:2012年3月1日

 2011年7月27日から29日までの3日間にわたり、人口20万人規模の地方都市として初めて松本市で開催されました「第23回国連軍縮会議in松本」の開催報告書が発行となりました。
 国連軍縮会議開催の運営にあたりましては、実行委員会はもちろんのこと、市内外より、幅広い世代の多くの皆様にボランティアとして惜しみないご協力、ご尽力を賜りました。このことは、主催者であります国連軍縮部や国連アジア太平洋平和軍縮センターから、市民の皆様と一緒に国連軍縮会議を開催できたことに意義があり、さらには、中高生の参加や市民主催のプログラムが数多く開催されたことなどから「松本モデル」との称賛をいただいたところであります。
 市民の皆様が熱意を持って積極的に参加いただきました今回の国連軍縮会議が、「松本モデル」として高い評価をいただいたことから、市民の皆様が自ら平和や核の問題に継続して取り組んでいただきますことを切に期待します。

 表紙には、岡田千絵美さんの作品(2010年松本市小中学生平和ポスター展中学生の部最優秀賞作品)、裏表紙には、細井大騎さん(エクセラン高等学校)を掲載しました。

■目次
■発行によせて
 「第23回国連軍縮会議in松本」実行委員会 実行委員長 松本市長  菅谷 昭
■会議開催概要
■ご挨拶
 内閣総理大臣  菅 直人
 外務大臣  松本剛明
 松本市長  菅谷 昭

■詳細日程

■開会発言
 国際連合軍縮部長兼軍縮担当上級代表次席  ハナロア・ホッペ
■基調講演
 国際原子力機関事務局長  天野之弥
■合唱・平和の祈り・復興
■平和へのメッセージ

■全体会議1
 平和と軍縮に向けた機運の促進と“われら市民”の役割
■全体会議2
 2010年NPT運用検討会議行動計画の実施
■全体会議3
 新START条約に続く核軍縮措置
■全体会議4
 軍縮会議と兵器用核分裂性物質生産禁止条約交渉の展望
■全体会議5
 原子力の平和利用をめぐる喫緊の課題
■全体会議6
 核兵器禁止条約:願望から交渉へ

■特別セッション:高校生との平和・軍縮トーク
■閉会挨拶
 国際連合軍縮部長兼軍縮担当上級代表次席  ハナロア・ホッペ
 松本市長  菅谷 昭

■会場風景
■小澤国際室内楽アカデミー奥志賀によるミニコンサート
■高校生軍縮教室in松本:天野IAEA事務局長と語ろう“IAEA”とわたしたち
■国連軍縮会議 これまでの歩み

■歓迎レセプション
■エクスカーション

■市民企画プログラム
 プログラムのご案内

お問い合わせ

総務部 行政管理課・平和推進課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎2階)

電話:0263-33-4770

FAX:0263-33-1877

この担当課にメールを送る