平成28年(2016)4月 台湾・高雄市長が松本市を訪問

ページ番号:135-677-772

更新日:2017年3月22日

平成28年(2016)4月2日 高雄市の陳菊市長が松本市を訪問

 昨年夏から松本市と交流事業を進めている台湾・高雄市の陳菊(ちんきく)市長と医療、教育関係者など約30人が、県内視察の一環で松本市を訪れ、国宝松本城を視察しました。本丸庭園で歓迎式典を開催し、陳市長らを茶道でもてなしました。松本市と高雄市は、昨年7月、菅谷昭市長のトップセールスを機に「健康、福祉、教育分野の交流に関する覚書」を締結しています。
 陳市長はあいさつで「高雄では高齢化が進んでおり、松本市の介護、健康の施策を参考にしたい。観光交流も促進したい」と述べました。菅谷市長は、「締結から1年が経過しない中で、多岐にわたる交流が進んでいることをうれしく思います」とあいさつしました。

茶道のもてなしの写真
茶道のもてなしを受ける陳市長と関係者

記念品交換の写真
記念品を交換

お問い合わせ

政策部 広報国際交流課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)

電話:0263-34-3271

FAX:0263-34-3201

この担当課にメールを送る