穴沢のクジラ化石

ページ番号:541-856-017

更新日:2018年9月28日

(読み方)あなざわのくじらかせき

穴沢のクジラ化石
穴沢のクジラ化石

  • 指定等区分 県天然記念物
  • 指定年月日 昭和48年(1973)3月12日
  • 種別 地質鉱物
  • 所在地 松本市取出大平1236-1
  • 所有者 松本市

標高650m、かつては海の中でした

 穴沢のクジラ化石は、昭和11年12月穴沢川の砂防工事中に発見されたものです。
 別所層(1500万年前海に溜まった泥岩層)の地層から出土し、昭和48年長野県天然記念物に指定されました。
 指定は「脊椎骨12個 左側の肋骨2個 右側の肋骨6個 他に棒状の骨1個」で頭部は欠けていますが、歯クジラの仲間の化石と推定されています。
 化石は、発見後現地に産状のまま保存され、展示公開されています。

お問い合わせ

教育部 文化財課

〒390-0874 長野県松本市大手3丁目8番13号(大手事務所3階)

電話:0263-34-3292

FAX:0263-34-3290

この担当課にメールを送る