小笠原氏城跡の講演会・対談、現地講座、企画展を開催します

ページ番号:965-904-921

更新日:2019年10月15日

新着情報(2019年10月10日)

その1 企画展が始まります!

10月19日(土曜日)から、企画展「井川から林へ~信濃守護小笠原氏と城の移り変わり」が始まります!
詳しくは以下のリンクをクリックしてください。

その2 現地講座と講演会・対談の申し込み受付は終了しました。

10月26日(土曜日)の現地講座「歩いて体感・林城」と、10月27日(日曜日)の講演会・対談「小笠原氏城跡と魅力あふれる松本の山城」の申し込み受付は、定員に達したので終了しました。
なお、いずれのイベントも、ご参加いただけるのは事前申し込みされた方が対象で、当日の申し込み受付はございません。ご了承ください。

記念事業の開始にあたり

平成31年(2019年)2月、松本を代表する戦国時代の山城の一つ林小城が国史跡に追加指定され、中世の信濃守護小笠原氏の居城である井川城跡・林大城・林小城の3城の指定が完了しました。
今回は、その小笠原氏城跡の国史跡指定を記念して、講演会・対談、現地講座、企画展の3つのイベントを開催します。
松本城へとつながる小笠原氏や地域の武家の足跡を示す、室町時代から戦国時代の特色ある城郭とその魅力をたっぷり知ることができますので、みなさまお誘い合ってお越しください!
秋でも飽きない山城ばなし、楽しいですよ!

井川城跡
井川城跡

林大城・林小城
林大城・林小城

山城ってなにかしら?
という方は、以下の「松本の山城」のページで詳しい解説がありますので、クリックしてご覧ください。

講演会・対談「小笠原氏城跡と魅力あふれる松本の山城」 (事前申し込みは締め切りました。)

中井 均 先生
中井 均 先生

春風亭 昇太 師匠
春風亭 昇太 師匠

第1部 講演会「小笠原氏城跡と松本の山城の魅力」

城郭考古学の第一人者である中井均先生(滋賀県立大学教授)が、小笠原氏城跡の価値を全国的視野から語ります。

第2部 対談「小笠原氏城跡と城のまち松本の魅力」

お城博士の中井先生と、テレビでおなじみ城好き噺家・春風亭昇太師匠が、松本の山城の魅力をアツく語り合います。

講師プロフィール

中井 均(なかい ひとし)

1955年大阪府生まれ。考古学者。
専門は中・近世城館遺跡、近世大名墓。
滋賀県立大学教授。NPO法人城郭遺産による街づくり協議会理事長。
織豊期城郭研究会代表。大名墓研究会代表。

春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた)

1959年静岡県生まれ。
東海大学文学部史学科日本史課程入学。
中退後、春風亭柳昇に入門。
公益社団法人落語芸術協会会長。
「国宝松本城を世界遺産に」トークショー(平成29年)に出演。

開催日時

令和元年(2019年)10月27日(日曜日) 午後1時から4時まで

開催場所

松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)  メインホール
〒390-0851 長野県松本市島内4351

来場者駐車場(約270台収容)がございますが、大変混雑することが予想されますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

定員

600名(全席指定、車いす席4席あり)
なお、事前申し込みによる参加希望者数が600名を超えた場合は抽選となります。ご了承ください。

参加費

無料

申し込みについて

この講演会・対談の、往復はがきによる事前申し込みは締め切りました。
なお、当日会場での参加申し込みはできません。ご了承ください。

桐原城跡
桐原城跡

埴原城跡
埴原城跡

山家城跡
山家城跡

現地講座「歩いて体感・林城」

戦国時代の小笠原氏本城である林城を、中井均先生のご案内で歩きます。

現地講座「歩いて体感・林城」
開催日時

令和元年(2019年)10月26日(土曜日) 午後1時~4時
※雨天中止

会場 林大城
集合場所 金華橋登り口(里山辺地区 薄川金華橋南側)
行程

金華橋登り口(集合)-堂平・平場群-林大城主郭-井戸跡(主郭東側)-(下山)-金華橋登り口
※登山中心のコースです。

講師 中井 均 先生(滋賀県立大学教授) ほか
持ち物 飲み物、帽子、雨具、杖など
参加料 100円(保険料として)
定員 70人(先着順)
申し込み 定員に達しましたので締め切りました。
申し込み先

文化財課史跡整備担当(0263-85-7064)

企画展「井川から林へ~信濃守護小笠原氏と城の移り変わり~」

企画展ポスター

 信濃守護小笠原氏の足跡と、小笠原氏の造った井川城・林城をはじめとする中世城郭について、分かりやすく説明する企画展です。
 足利尊氏自筆文書(長野県立歴史館所蔵)、小笠原貞慶起請文(松本市立博物館寄託)といった貴重な古文書をはじめ、井川城跡・林山腰遺跡の発掘調査で得られた出土品、松本近辺の山城の縄張り図・写真パネル等を展示します。
 ぜひお越しください!

展示の構成
1 史跡小笠原氏城跡(プロローグ)
2 信濃守護小笠原氏とそのあゆみ
3 室町時代の小笠原氏居城「井川館」
4 戦国時代の小笠原氏居城「林館と林城」
5 武田信玄・小笠原貞慶と深志城
6 山城の終わり~松本城の時代~
7 小笠原氏城跡のこれから

瀬戸産のやきもの
瀬戸産のやきもの

林山腰遺跡で見つかった建物跡
林山腰遺跡で見つかった建物跡

  • 開催期間 令和元年(2019年)10月19日(土曜日)から11月17日(日曜日)まで
  • 会場 松本市時計博物館 3階企画展示室
  • 企画展観覧料 無料(ただし、時計博物館常設展も見る場合は別途入館料が必要)
  • 開館時間 午前9時から午後5時まで(ただし入館は午後4時30分まで)
  • 休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)

チラシのダウンロード

チラシ(表)
チラシ(表)

チラシ(裏)
チラシ(裏)

お問い合わせ

松本市 文化財課 史跡整備担当

〒390-0823 松本市中山3738番地1 松本市立考古博物館内

電話:0263-85-7064

FAX:0263-86-9189