エンジンオイルの出し方について(お願い)

ページ番号:988-434-875

更新日:2012年3月20日

個人でエンジンオイルを交換した場合の処分方法

 自動車部品販売店やホームセンターなどで、汚れたエンジンオイルを染み込ませ、可燃ごみとして排出できる製品が販売されていますが、この製品をごみ収集車で収集した場合、収集車内でビニール袋が破れ、オイルが絞り出されて収集車を汚してしまう事例が発生しています。
 オイル交換を行なった後、この製品を処分される場合は、ごみステーションに出さずに直接松本クリーンセンターに持ち込んでください(有料となります)。
 ご協力をお願いします。

エンジンオイルの処理箱は直接松本クリーンセンターへ搬入してください

お問い合わせ

環境部 環境業務課

〒390-0851 長野県松本市島内7576番地1

電話:0263-47-1096

FAX:0263-40-1335

この担当課にメールを送る