弾道ミサイル落下時の行動等について(国からの通知)

ページ番号:165-723-010

更新日:2018年1月5日

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。
(波田地区については、無線設備が旧型式で、Jアラートと連動できないため、防災行政無線のメッセージをすぐに放送できません。情報収集は、緊急速報メール等でお願いします。なお、波田地区の無線設備は平成30年度に更新予定です。)

メッセージが流れた直後に取るべき行動

屋外にいる場合

近くの建物の中や地下に避難してください。
できるだけ頑丈な建物が望ましいものの、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。

建物がない場合

物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合

窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください。
 
 
さらに詳しい情報については、下の関連リンクをご参照ください。

関連リンク

内閣官房

リーフレット、写真、動画、イラスト等を使った資料があります。

英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語及びベトナム語による資料です。

内閣官房による国民保護に関するサイトです。

松本市

本市の国民保護に関するリンクです。

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)

電話:0263-33-9119

FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る