平成30年7月豪雨災害の被災地支援のため職員を派遣しました

ページ番号:319-225-460

更新日:2018年8月27日

災害支援方針について

 平成30年7月豪雨災害の県外被災地を支援するため、長野県、県市長会、県町村会の協定に基づく長野県合同災害支援チーム(呼称:「チームながの」)を編成し、広島県尾道市へ職員を派遣します。

「チームながの」について

 東日本大震災での教訓を踏まえ、長野県外で大規模な災害が発生した場合に、県と市町村が一体となった支援を行うため「長野県合同災害支援チームによる被災県等への支援に関する協定書」を平成24年12月に締結。支援チームの呼称:「チームながの」 

「チームながの」による松本市職員の派遣について

  •  「チームながの」第6陣
  •  期間

 8月17日(金曜日)~8月23日(木曜日)

  • 派遣職員

 4名(土木4名)
 県職員1名(土木1名)
 市町村土木職員3名(松本市1名、塩尻市1名、安曇野市1名)

  • 業務内容

 道路復旧に向けた災害査定などに対する技術支援

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)

電話:0263-33-9119

FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る