自主防災活動

自分たちのまちは自分たちで守ろう

 大規模な災害が発生した場合、被害を最小限にとどめるため、防災関係機関・団体は、総力をあげて災害応急活動に取り組みます。
 しかし、地震などによる災害では、同時に多発する火災をはじめ、道路の寸断や建物の倒壊、断水や電力供給のストップなど、あらゆる災害が同時かつ広範囲に発生するものと思われ、消防や警察、市役所など公共機関の対応にも限界があります。

 そんな時、地域の皆さんが自主的・組織的に消火、救出、救護などの防災活動を行うことで地域の人命救助や財産保護などに大きな力となり、災害による被害を最小限に抑えることができます。

 自主防災組織とは、「自分たちのまちは自分たちで守る」を合言葉に、地域の防災活動を効果的に行うための組織です。
 それぞれのご家庭では、日頃の備えやいざというときの心構えを確認するとともに、町会単位で組織する自主防災組織の活動へ積極的に参加し、地域の連携を深めて災害に強いまちづくりをしていきましょう。