町会及び地区における防災訓練実施に係る手続きについて

ページ番号:346-331-630

更新日:2014年7月2日

防火防災訓練災害補償等共済制度及び自主防災訓練共催負担金の手続きについて

 町会や地区の自主防災組織が主体となって防災訓練を実施する場合は、以下の2つの手続きがあります。

1 防火防災訓練災害補償等共済制度に係る訓練計画の届出

地区・町会の自主防災組織が主催する防火防災訓練で発生した不慮の事故による被害者に対して補償(お見舞金)される制度です。(物損は対象外)
(1) 補償金の種類及び限度額の概要
  ア 災害補償死亡一時金 1人につき 700万円
  イ 災害補償後遺障害一時金 1人につき 700万円
  ウ 入院療養補償 1日につき 3,500円
  エ 通院療養補償 1日につき 2,500円
  オ 休業補償 1日につき 3,000円
 ※ 訓練会場までの往復路における傷害も上記に規定する金額の2分の1を上限として対象となります。(合理的な経路及び方法によって往復した場合)
(2) 補償の対象とならない場合
  次の事由に起因して被害者が傷害を受け、又は死亡した場合は補償対象となりません。
 ア 故意による傷害、自殺行為及び犯罪行為による傷害
 イ 精神障害、飲酒及び疾病による傷害
 ウ 地震、噴火、洪水、津波等の自然災害による傷害     など
(3) 訓練実施前に訓練計画書の提出が必要となります。
    訓練計画届出書・・・別紙1
(4) 事故があった場合は速やかに危機管理課へ報告願います。
    詳細は危機管理課へお問い合わせください。

2 自主防災訓練共催負担金の交付申請

町会が主催する防災訓練に対して、松本市防災連合会が共催負担金を交付(1年度1回限り)します。
(1) 交付金額および対象金額
   町  会  3,000円
   (平成26年度は、町会での訓練のみを対象とします)
(2) 訓練実施後に交付申請書の提出が必要となります。
    交付申請書・・・別紙2
(3) 松本市防災連合会との共催が条件となります。
    訓練のチラシや訓練計画書に、松本市防災連合会との共催実施であることの記載が必要です。
   回覧例・・・別紙3

お問い合わせ

危機管理部 危機管理課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)

電話:0263-33-9119

FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る