要配慮者利用施設における避難確保計画の作成について

ページ番号:776-872-406

更新日:2019年11月25日

要配慮者利用施設の所有者・管理者の皆さまへ

近年、集中豪雨の増加に伴い、全国各地で豪雨災害が頻発しています。平成28年8月の台風10号では、岩手県の高齢者グループホームが被災し、9名の方がお亡くなりになりました。
このため、平成29年6月に「水防法」及び「土砂災害防止法」が改正され、浸水想定区域及び土砂災害警戒区域内に所在する要配慮者利用施設の所有者又は管理者は避難確保計画の作成及び作成した計画を市へ提出、計画に基づく訓練の実施が義務化されました。
対象となる要配慮者利用施設の所有者・管理者の皆さまは、計画の作成及び提出をお願いします。

対象施設

浸水想定区域内又は土砂災害警戒区域内に所在する施設で、松本市地域防災計画に定める施設。

避難確保計画作成手引き

洪水編

土砂災害編

避難確保計画の提出

作成した避難確保計画を窓口提出・郵送・メールのいずれかで消防防災課へ提出してください。

関連サイト

お問い合わせ

危機管理部 消防防災課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)

電話:0263-33-1191

FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る