令和3年5月20日から災害時に発令される避難情報が変わりました

ページ番号:810-332-107

更新日:2021年6月8日

災害対策基本法の一部改正により、令和3年5月20日から市が発令する避難情報が変わりました。

主な変更点

【警戒レベル5】「災害発生情報」⇒「緊急安全確保」(名称変更)
【警戒レベル4】「避難勧告」、「避難指示(緊急)」⇒「避難指示」へ一本化
【警戒レベル3】「避難準備・高齢者等避難開始」⇒「高齢者等避難」(名称変更)

内閣府チラシ1
内閣府チラシ1

内閣府チラシ2
内閣府チラシ2

警戒情報等と取るべき行動
避難レベルと新たな避難情報 取るべき行動
【警戒レベル5】
命の危険
直ちに安全確保
緊急安全確保 ・すでに安全な避難ができず命が危険な状況です。命を守るための最善の行動をとりましょう。
【警戒レベル4】
危険な場所から
全員避難
避難指示 ・災害が発生するおそれが極めて高い状況です。
・危険な場所から避難しましょう。
・「近隣の安全な場所」への避難や上層階などへの「屋内安全確保」を行いましょう。
【警戒レベル3】
危険な場所から
高齢者等は避難
高齢者等避難 ・災害が発生するおそれのある状況です。高齢者や障害のある方など、避難に時間を要する方は避難しましょう。
・高齢者等以外の方も必要に応じ、避難の準備をするとともに、防災気象情報・水位情報等に注意を払い、自主的に避難をすることが望ましいタイミングとなります。
【警戒レベル2】   ・ハザードマップ等により、自宅・施設の災害リスク、避難場所や避難経路等を再確認しましょう。
【警戒レベル1】   ・防災気象情報等の最新情報に注意するなど、災害への心構えを高めましょう。

避難に関する理解を深めるためには

1 ハザードマップを確認しましょう

洪水や土砂災害が発生した場合、自宅周辺がどのような影響を受ける可能性があるのか、お住いの地域をハザードマップで確認しましょう。

2 避難する場所を考えましょう

 「避難」とは「難」を「避」け、安全を確保することです。安全な場所にいる人まで避難する必要はありません。避難行動は以下のとおりです。
・市が指定している「指定避難所」「指定緊急避難場所」への立退き避難
・安全な親戚・知人宅への立退き避難
・安全なホテルや旅館への立退き避難
・屋内安全確保 ※「3つの条件」を確認
※1 家屋倒壊等氾濫想定区域に入っていない 2 浸水深より居室は高い 3 水がひくまで我慢でき、水・食糧などの備えが十分

3 避難のタイミングを考えましょう

・市では避難情報と併せて警戒レベルを発令します。
・市から避難情報が発令されていない場合であっても、気象情報等を参考に避難の必要性を考えましょう。

4 「松本安心ネット」に登録しましょう

・市の防災情報(気象情報・避難情報など)をメール配信しています。
・お手持ちの携帯電話、スマホ、パソコンでどこでも受け取ることができますので、登録をお願いします。

5 防災用品等を備えましょう

自宅で避難生活を送ることに備え、非常用の食糧や飲料水などを一週間分、備蓄しましょう。

6 新型コロナウイルス感染症防止のため

・安全な場所にある親戚・知人宅への避難は、指定避難所が密集状態になることを避けることにつながります。
・指定避難所へ避難する場合は、マスク・消毒液・体温計など不足する場合がありますので、自ら携行するように心がけてください。

お問い合わせ

危機管理部 消防防災課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎別棟1階)

電話:0263-33-1191

FAX:0263-33-1011

この担当課にメールを送る