成年年齢引下げ後の松本市成人式について

ページ番号:826-474-957

更新日:2020年2月20日

 平成30年6月に成立した民法の一部を改正する法律により、令和4年4月1日から民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
 成年年齢引下げ後の松本市成人式について次のとおり方針を決定しましたのでお知らせします。
1 対象年齢
  成年年齢引下げ後の状況を見据えながら、令和4年度以降も、当面の間、現行どおり成人の日の前年4月2日からその年の4月1日までに20歳になる方を対象とします。
2 主な理由
 (1) 18歳を対象とした成人式は、高校生の大学受験や就職に向けた進路選択の大切な時期と重なることから、配慮が必要であること。
 (2) 18歳に引き下げた場合は、令和4年度の成人式の対象が18歳から20歳までの3世代となり、会場確保、設定等が困難であること。
 (3) 20歳という年齢は、飲酒や喫煙も含め、多くの年齢制限がなくなる区切りの年齢であり、自分で判断し責任を持つことのできる自立した青年を市全体で祝う時期として適していること。
3 式典の名称
  令和4年度以降の式典の名称については、今後、実行委員会等で検討していきます。

お問い合わせ

教育部 生涯学習課 青少年ホーム

〒399-0002 長野県松本市芳野4番1号

電話:0263-26-1083

FAX:0263-25-5337