認知症思いやりサポートチーム(認知症初期集中支援チーム)について

ページ番号:592-977-823

更新日:2019年4月1日

認知症初期集中支援チームとは

 認知症になっても、本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように、認知症の方やその家族に早期に関わることで、初期の段階で診断や早期対応に向けた支援を行うチームです。
(初回相談、対応はこれまでどおり、担当地区の地域包括支援センターが行います。)

チーム員の構成

 ・認知症専門の医師(認知症サポート医)
 ・看護師
 ・作業療法士
 ・保健師
 ・社会福祉士等で構成します。

対象となる方

 市内で在宅生活をしている四十歳以上で次に該当する方
 ・認知症が疑われる方
 ・認知症の方で、医療や介護サービスにつながっていない、または中断している方
 ・認知症状で対応に困っている方

サイン

認知症思いやりサポートチームの業務

 チーム員である看護師や作業療法士、保健師、社会福祉士等が自宅を訪問し、認知症サポート医を含めたチーム員会議で支援方針などを検討します。本人や家族に対し、介護サービスの導入や医療機関への受診勧奨など、おおむね6ヶ月の集中的な支援を行います。
 その後、ケアマネジャーや、地域包括支援センター等へ引き継ぎを行い、経過状況を確認します。

フロー

 認知症は、症状によっては早期発見、早期治療により、進行を遅らせることができます。まずはお住まいの地区を担当する地域包括支援センターへ、お気軽にご相談ください。

松本市地域包括支援センター
センター名 担当地区 電話 ファックス 住所
北部地域包括支援センター 岡田、本郷、四賀 87-0231 87-0232 岡田下岡田39-2
東部地域包括支援センター 第3、入山辺、
里山辺
36-3703 36-3704 里山辺910-1
(うつくしの里内)
中央地域包括支援センター 第1、第2、
東部、中央、白板
31-0022 88-8840 本庄2-4-1 
フォーラム本庄210
中央北地域包括支援センター 城北、城東、安原 34-8511 34-8512 元町3-7-1
(ふくふくらいず内)
中央南地域包括支援センター 庄内、中山 55-3320 25-2211 筑摩2-31-1-1
中央西地域包括支援センター 田川、鎌田 38-3310 32-3060 巾上9-26
南東部地域包括支援センター 寿、寿台、
内田、松原
85-7351 85-7353 寿中2-20-1
(真寿園内)
南部地域包括支援センター 松南、芳川 27-5138 27-5139 双葉4-16
(総合社会福祉センター内)
南西部地域包括支援センター 笹賀、神林、今井 50-7858 50-7859 今井4820-1
(やまびこの里内)
河西部地域包括支援センター 島内、島立 48-6361 48-6362 島内4970-1
(島内公民館内)
河西部西地域包括支援センター 新村、和田、梓川 47-0294 47-1294 和田4693-1
西部地域包括支援センター 安曇、奈川、波田 87-1572 87-1573 波田6908-1
(波田保健福祉センター内)

お問い合わせ

健康福祉部 高齢福祉課 介護予防担当

長野県松本市丸の内3番7号

電話:0263-34-3237

FAX:0263-34-3026