応急手当の手引き「お子さんが急病になったとき」2021年版

ページ番号:849-150-199

更新日:2021年3月24日

 松本市では、平成13年度から、松本市医師会の編集・監修協力のもと、お子さんの急病時における対応方法や、やけど・けが等の応急手当の情報などを掲載した応急手当の手引き「お子さんが急病になったとき」を作成し、ご家庭や子ども関係施設などで活用いただいています。
 令和3年3月に2021年版(第5版)を改訂発行いたしました。

お子さんが急病になったとき 2021年版 (PDF版)

お子さんが元気なときにしっかり読んでおくといざというときに役立ちます!
・まず落ち着いて状況を判断しましょう。
・日頃から応急手当の知識を身につけておきましょう。
・救急車が到着するまで、救命の手当を忘れずに。

お子さんが急病になったとき2021年版 表紙

・お子さんの健康は「かかりつけ医」と「家庭」で守りましょう!
・夜間・休日の救急医療体制について理解しましょう
・医療機関を上手に利用しましょう
・松本市の救急医療体制
・松本市小児科・内科夜間急病センターのご案内

急病になったら

家庭で役立つ知識

・子どもの死因-事故予防、チャイルドシートの着用

・3歳までにはじめる予防接種

・受診はできるだけ昼間の診療時間内に!
・健康について相談できる身近な「かかりつけ医」を持ちましょう

その他