働く世代の方に参考にしてほしい食生活

ページ番号:380-866-783

更新日:2021年4月1日

毎日忙しく仕事をしていると、食事は後回しになりがちです。簡単なものや早く食べられるもので済ませたり、時間が不規則になっていませんか?食習慣で身体は変わっていきます。5年後、10年後のために、バランスよく食べることを心がけましょう。

基本

1日2食は3皿運動~1・2・3でバランスごはん~
1日食べる3回の食事すべてで3つのお皿をそろえて食べるのが理想ですが、難しい場合、2食は3つのお皿をそろえられるよう心がけましょう。3つのお皿とは、主食、主菜、副菜です。
働く世代のみなさんは野菜が足りない傾向にあります。
食事の時は副菜があるかどうかチェックし、野菜を食べることを意識してみましょう。

整え術

朝ごはん

午前中の仕事で実力を発揮するために、朝ごはんは必要不可欠!
5分だけでも時間を作り、何か口にしてから出勤しましょう。

作る時間や食べる時間がない時のポイント
ポイント1:手を加えずに食べられる食材を準備
例)主食:パン、主菜:チーズ、副菜:野菜ジュース

ポイント2:切らずに使える食材を常備
例)ゆでうどん、細切り高野豆腐、冷凍野菜

ポイント3:前の晩に準備
例)野菜を切っておく、鍋に水と煮干しを入れておく

昼ごはん

組み合わせで主食・主菜・副菜をそろえましょう。

外食で気をつけたいポイント
ポイント1:定食(主食、主菜、副菜がそろう)を選択

ポイント2:単品メニューには、副菜の小鉢を追加

ポイント3:食材の種類が多いものを選択

コンビニ等で買う時のポイント

夜ごはん

食べ過ぎ、飲み過ぎが続くと、生活習慣病につながります。上手に組み合わせて食べましょう。

飲み会で気を付けたいこと
ポイント1:低カロリーなおつまみを選択
例)えだまめ、冷奴

ポイント2:飲み過ぎに気をつけ、飲む量を決める

お問い合わせ

松本市保健所 健康づくり課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)

電話:0263-34-3217

FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る