平成29年度 5つの重点目標

ページ番号:971-454-745

更新日:2017年6月1日

市長4期目の5つの重点目標

 松本市は、将来の都市像に掲げる「健康寿命延伸都市・松本」をさらに前進させる「生きがいの仕組みづくり」に積極的に取り組むため、「5つの重点目標」を市政の課題として重点的に取り組みます。
 平成29年当初予算案に計上した関連事業は、次のとおりです。

「市長4期目の5つの重点目標」への取組み
No. 5つの重点目標 事業数 予算額
1 健康ときずなづくり 26 14億2,639万円
2 次世代を育むまちづくり 8 1億1,492万円
3 経済の好循環の創出 30 8億2,824万円
4 暮らしと生活の基盤づくり 18 15億2,219万円
5 将来世代のためのハード整備 11 4億2,458万円
合    計 93 43億1,632万円

1 健康ときずなづくり

地域包括ケア体制の構築、地域づくりの人材育成など

健康ときずなづくり
  事業名 事業内容 当初
予算額
担当課
1 地域づくり推進事業費
〔地域振興事業補助金〕
 地域の資源(人材、生産物、自然環境等)を活用し、地域の課題解決や活性化に取り組む大型事業に対して補助するもの 6,330 地域づくり課
2 中山間地域活性化事業費
(人件費含む)
 人口減少、高齢化が進む中山間地域において、再生可能エネルギーの専門的な知識を持つ地域おこし協力隊を活用し、地域資源を利用した活性化に取組む団体と地域住民とが連携した地域づくりを推進するもの 2,600 地域づくり課
3 生活困窮者自立支援事業費
〔家計相談支援事業〕
 生活困窮者の生活再建や、家計に課題を抱える者の困窮の予防を図るため、相談者と一緒に家計状況を把握したうえで、専門的な助言を行い、相談者自身の家計管理能力を高める支援をするもの 3,880 市民相談課
4 事務管理費
〔障害者差別解消推進事業〕
 「聴こえ」に支障のある来庁者の窓口での会話を支援するため、窓口用簡易補聴器を配備するもの 200 障害福祉課
5 三世代家族支援事業費  若い世代から高齢者まで互いに支え合い、生活に生きがいを感じられる仕組みづくりを目指し、三世代同居・近居を推進するための補助制度を新設し、三世代家族を支援するもの 13,000 住宅課
6 地域リハビリテーション活動支援事業費  介護予防を強化する観点から、医療や介護現場で働くリハビリテーション専門職が、人材育成講座で、市民や専門職不在の小規模な事業所職員への指導を行うもの 40 高齢福祉課
7 地域包括ケアシステム構築事業費
〔高齢者虐待等法律相談連携事業〕
 地域包括支援センターの機能強化の一環として、困難事例に対して担当弁護士と連携し、法的な根拠を踏まえながら迅速に対応するもの 480 高齢福祉課
8 認知症地域支援推進事業費
〔認知症初期集中支援チームの設置〕
(人件費含む)
 認知症の方に対する初期の支援を行うため、認知症初期支援チームを設置し、早期に医療・介護サービス等につなげ、自立した生活のサポートを行うもの 4,230 高齢福祉課
9 がん検診推進事業費  がん検診の受診率向上及び早期がんの発見等を図るもの。平成29年度は、出産子育て世代の女性への支援として、乳がん・子宮がん検診の自己負担額を引き下げ、受診率向上を目指すもの 272,650 健康づくり課
10 受動喫煙防止「松本スタイル」推進事業費  受動喫煙防止対策として、家庭や職場等での受動喫煙の防止に取り組むため、保育園等と連携し、こどもを通じて家庭へ「受動喫煙の害」について啓発活動を行うもの 860 健康づくり課
11 食育推進事業費  市民一人ひとりが豊かな食習慣を育めるよう、地域や企業等との連携による食育の推進や、実践に結びつく情報提供を行うとともに、第3期計画を策定するもの 3,820 健康づくり課
12 各種予防接種事業費
〔B型肝炎予防接種事業〕
 平成28年10月から0歳児へのB型肝炎予防接種が定期化され、接種費用を公費負担するとともに、乳幼児に対する任意予防接種の助成範囲を6歳児(未就学児)まで拡大するもの 59,440 健康づくり課
13 糖尿病性腎症重症化予防事業費  糖尿病の重症化による透析治療への移行を予防し、健康な生活の維持と医療費の抑制を図るため、糖尿病性腎症の被保険者に対し、薬局薬剤師が通院する医療機関と連携しながら、6カ月間の服薬指導等の生活習慣に係る支援を行うもの
[新規] プログラム修了者に対して継続的支援を開始
6,070 保険課
14 訪問型サービス事業費
〔介護予防・生活支援サービス事業〕
 介護保険の制度改正に伴い、介護予防を推進するため、全国一律の介護予防給付から自治体独自の介護予防サービスへと移行し、専門職による短期集中サービスなど多様なサービスを、多様な主体により提供するもの 205,700 高齢福祉課
15 通所型サービス事業費
〔介護予防・生活支援サービス事業〕
 介護保険の制度改正に伴い、介護予防を推進するため、全国一律の介護予防給付から自治体独自の介護予防サービスへと移行し、専門職による短期集中サービスなど多様なサービスを、多様な主体により提供するもの 587,530 高齢福祉課
16 「健康寿命延伸都市・松本」の創造事業費  量から質へと発想を転換し、若い世代から高齢者まで将来に不安を感じることなく、誇りと責任を持って、誰もがいきいきと暮らせるまちづくりを進めるため、「生きがいの仕組みづくり」に取り組むもの 1,030 政策課
17 町会関係費  市政運営のパートナーである町会との協働による地域づくりを推進するため、市町会連合会、地区町会連合会、単位町会の活動を支援するもの 148,640 地域づくり課
18 市民協働推進事業費  市民との協働による地域づくりを推進するため、市民活動団体への低利な融資を行っている「NPО夢バンク」への資金の貸付、市民協働の啓発、公共施設等の維持管理に対する原材料支給などを行うもの 9,280 地域づくり課
19 地域づくり推進事業費
〔地域づくりインターン
シップ戦略事業〕
 松本大学と連携して、若者が大学での専門教育を受けながら地域の現場で活動することにより、地域の活性化などの地域づくりの推進と地域社会に貢献する人材の育成を図るもの 34,510 地域づくり課
20 地域づくり推進事業費
〔地域づくり推進交付金事業〕
 住民が主体となって、地域の課題解決や活性化、特色を活かした魅力ある地域づくりを推進するための活動財源を、全35地区へ交付するもの 21,650 地域づくり課
21 生活困窮者自立支援事業費
〔自立相談支援事業〕
 生活困窮者の社会的及び経済的な自立を実現するために、相談支援機関である「まいさぽ松本」の支援員が、関係機関と連携しながら包括的かつ継続的な伴走型の支援を実施するもの 22,850 市民相談課
22 市民歩こう運動推進事業費  歩きによる健康づくりを推進するため、歩きの効果を周知啓発し、歩きのきっかけづくりと定着を図るもの 3,260 福祉計画課
23 高齢者の生きがいと健康づくり事業費
〔社会参加による健康づくり・介護予防事業〕
 「健康と暮らしの調査」結果を活用し、介護予防関連施策の評価、各地区別の対応施策の構築、学術・医療機関との連携等により、資源配分の最適化を目指すもの 110 福祉計画課
24 地域福祉計画推進事業費
〔地域包括ケアシステム推進事業〕
 地区毎の地域包括ケアシステムの構築を目指し、平成28~29年度の2カ年で、3地区(四賀・第二・岡田)をモデル地区として調査や制度設計を行い、他地区へ応用するためのマニュアルを作成するもの 2,750 福祉計画課
25 退職後男性の生きがいづくり事業費  定年退職後の男性の閉じこもり予防と、地域の担い手化を目指し、集団で発声方法と歌を練習し、成果を披露する講座を開催するとともに、指導者の育成を促進するもの 5,340 福祉計画課
26 自殺予防対策事業費  自殺予防対策推進計画に基づき、自殺予防対策推進協議会が中心となり、市民への啓発、相談体制の強化、身近な地域での見守り等総合的な対策を推進し、自殺予防に取り組むもの 10,140 健康づくり課
「健康ときずなづくり」合計 26事業 1,426,390  

2 次世代を育むまちづくり

子どもや子育ての包括的支援、出産体制の維持など

次世代を育むまちづくり
  事業名 事業内容 当初
予算額
担当課
1 子どもの未来応援事業費  子どもの孤食・欠食を防ぐとともに、地域に子どもの健康と安全を見守るための居場所が充実するよう、食事や学習支援・世代間交流等を提供する居場所づくりを支援するもの 1,990 こども福祉課
2 子育て支援センター運営事業費(人件費を含む)
〔子育てコンシェルジュの配置〕
 妊娠・出産・育児の切れ目のない支援を実現するため、「子育てコンシェルジュ(子育て支援員)」を配置するもの 6,470 こども育成課
3 つどいの広場事業費
〔出張つどいの広場事業〕
 父親の育児参加を促進するため、未就園児童とその保護者の交流・育児相談を行う「つどいの広場」事業を、月1回休日(日曜日または祝日)に開催するもの 840 こども育成課
4 子どもの権利推進事業費
(人件費含む)
 子どもの権利に関する条例に基づき、すべての子どもにやさしいまちづくりをめざし、相談室(こころの鈴)の運営、子どもの権利の普及・啓発活動、子ども未来委員会の実施等を行うもの 10,320 こども育成課
5 母子健康対策費
〔二次乳幼児健診〕
 要経過観察児のフォローと育児支援を目的に実施する「二次乳幼児健診」を、新たに北部保健センターで実施し、健診体制を充実させるもの 3,110 健康づくり課
6 少子化対策事業費
〔母子保健コーディネーター配置事業〕
 妊娠期から子育て期の母子保健や育児の悩み等に円滑に対応するため、専任の保健師を「母子保健コーディネーター」として配置し、「子育てコンシェルジュ」との連携により、出産・育児に悩みを感じる妊婦・母親を支援
するもの
110 健康づくり課
7 学校支援事業費
〔自立支援教員配置事業〕
(人件費含む)
 市内小中学校に配置する市費教員のうち、不登校児童生徒対策に特化した教員を、各校の実情に合わせて配置するもの
非常勤特別職21名、2種臨時職員8名
86,100 学校指導課
8 松本地域出産・子育て安心
ネットワーク事業費
 「松本地域出産・子育て安心ネットワーク協議会」を通じて、分娩従事医師の負担軽減と離職防止を図り、松本地域の産科医療体制を維持するもの 5,980 医務課
「次世代を育むまちづくり」合計 8事業 114,920  

3 経済の好循環の創出

新観光戦略の推進、女性や若者が活躍できる社会づくりなど

経済の好循環の創出
  事業名 事業内容 当初
予算額
担当課
1 農業者育成事業費
〔未来を担う農業経営者支援事業〕
 認定農業者に対して、農業機械等のリース・取得費用及び女性農業者の研修受講等の活動に要する費用の一部を補助するもの 15,400 農政課

西部
農林課
2 工業振興費
〔ICT活用地域産業振興事業(まつもとスタートアップキャンプ事業)〕
【地方創生推進交付金】
 先端ICT人材、情報セキュリティ人材等の将来的な不足に備えるため、松本地域においてICT人材を育成し、ICTを活用したビジネス創出・誘致を図るもの
・平成29年度
 ICT人材育成プラットフォームを設立
 ICT産業界のニーズ・動向調査
6,590 商工課
3 健康寿命延伸新需要創造事業費
〔健康産業促進事業〕
【地方創生推進交付金】
 首都圏からの投資を呼び込むため、マーケティング支援等による企業の新事業立ち上げに実績がある人材を、健康産業促進プロデューサーとして配置するもの
・松本地域健康産業促進フォーラムin東京(年2回)
・協議会会員間のビジネスマッチング
2,730 健康産業・企業立地課
4 健康産業市民協働促進事業費
〔松本ヘルス・ラボ〕
【地方創生推進交付金】
 松本ヘルスバレー構想の両輪となる「市民の健康増進」と「ヘルスケア産業の創出・育成」を推進するため、「松本ヘルス・ラボ」を運営し、松本発製品の企画やモニタリング調査を行うもの
・事務局体制 2人→3人
・会員数 400人→1,000人
・モニタリング調査 3件→6件
25,370 健康産業・企業立地課
5 観光宣伝事業費
〔観光ボランティア大学〕
 国際観光都市にふさわしい、おもてなし環境を整えるため、観光ボランティア大学を開設し、ガイドスキルやおもてなし力の向上と知識レベルの統一化を図るもの
・平成30年1月開校
 (受講生80名:1コース×25講座)
1,390 観光温泉課
6 観光戦略推進事業費
〔アクションプラン推進事業〕
 平成18年度に策定した観光戦略の見直しを実施するとともに、毎年度策定するアクションプランに基づき、滞在型観光地としての魅力づくりを進めるもの
・29年度アクションプラン
 氷彫を核としたウィンターフェスティバルイルミネーション設置(千歳橋~中央大手橋)
5,360 観光温泉課
7 負担金
(松本マラソン)
 マラソンを通じた健康づくり、世代を超えた地域コミュニティの「きずな」の強化、交流人口の拡大と地域経済の活性化を目的として、第1回松本マラソンを平成29年10月1日に開催するもの 91,870 スポーツ推進課
8 ものづくり人材育成事業費  ものづくり人材の育成と新卒者等の就労を支援し、地元への就職、定着を図るもの
〔新規〕 ものづくり人材育成連絡会構成団体による施設等への技能奉仕活動を実施
4,950 労政課
9 雇用対策事業費
〔コワーキングスペース活用型人材育成事業〕
【地方創生推進交付金】
 離職中の女性が子育てをしながら就業できることを目指し、コワーキングスペースを活用してITスキル向上研修を行い、就労につなげるもの
・受講生 1クール16名×2回=32名
     (平成28年度比:+16名)
3,700 労政課
10 農畜産物マーケティング推進事業費
〔松本健康野菜・果物の普及促進事業〕
 「松本健康野菜・果物」のブランド化を図るため、機能性表示に向けた取り組み(成分検査及び届出作成等)や農産物の生産拡大に対する支援を行うもの 4,270 農政課
11 農畜産物マーケティング推進事業費
〔大消費地農産物トップセールス事業〕
 松本産農産物のブランド化と販路拡大を目指し、松本のメジャーブランドとして「すいか」・「りんご」を位置付け、大都市圏で農産物に特化したトップセールスを実施するもの 280 農政課
12 農畜産物マーケティング推進事業費
〔九州農畜産物消費宣伝事業〕
 信州まつもと空港からの就航先であり、本市農産物の主要出荷先である九州方面での販路及び消費拡大を図るため、主要農産物のPR活動に取り組むもの 1,200 農政課
13 農畜産物マーケティング推進事業費
〔奈川産食材ブランド化推進事業〕
 奈川産食材のブランド化を図り、奈川地区の地域振興を推進するため、奈川そば、エゴマ等の生産拡大、健康食品シリーズとしての商品開発及び消費拡大に取り組むもの 6,370 西部農林課
14 農畜産物マーケティング推進事業費
〔特産品ブランド化推進事業〕
 信州の伝統野菜である「保平蕪」「稲核菜」「番所きゅうり」のブランド価値を高め、伝統野菜の魅力を生かした地域振興を推進するため、優良品種の選抜等に取り組むもの 530 西部農林課
15 工業振興費
〔工業ビジョン推進事業〕
(新・工業ビジョン策定)
 松本市工業ビジョン(平成20~29年度)が終期を迎えるため、10年後の目指すべき方向性を定めた新たな工業ビジョンを策定するもの
・(仮)まつもと工業振興協議会を設立
4,440 商工課
16 地場産業振興事業費
〔工芸の五月実行委員会負担金〕
 工芸のまち松本としてのブランド力を高めるため、クラフトフェアを核とした関連事業を行うもの
〔新規〕ホームページのスマホ対応化
    ジャンボタクシーの増便
8,840 商工課
17 企業事務所等誘致事業費
〔テレワーク支援事業〕
 若者、女性、IJUターン者の新しい働き方を創出するため、ICT技術を駆使したテレワークオフィス等を市内に開設する企業に対し、賃借料の一部を補助し、誘致を促進するもの 1,800 商工課
18 観光宣伝事業費
〔県内都市連携事業〕
(上田市連携路線バス運行事業を含む)
 長野市・上田市と連携し、観光資源を活用した広域的誘客事業を行うもの
・松本上田間直行バス運行
 (通年:土日祝日、8月:平日運行)
・ウルトラオリエンテーリング
〔新規〕 3市連携でWebサイトコンテンツ作製
7,360 観光温泉課
19 観光宣伝事業費
〔北陸・飛騨・信州3つ星街道観光協議会事業〕
 金沢・南砺・白川・高山との4市1村による国内外に向けた広域的な誘客宣伝を実施し、観光周遊ルートの定着を図るもの
・プロモーション動画の作成・配信(日本語+英語)
・欧州・アジア旅行会社等招聘事業
〔拡充〕 香港誘客事業
 (ブロガーを通じたSNS発信)
3,560 観光温泉課
20 観光宣伝事業費
〔信州デスティネーションキャンペーン推進事業〕
 JRや自治体、観光関係者等が一体となって実施する大型観光キャンペーン(7月~9月)に合わせて、観光誘客宣伝を強化するもの
・美ヶ原高原直行バス(6/17~9/30)
・松本ロゲイニング
~第1回ロゲイニング゙日本選手権~(7月)
・美ヶ原スターウォッチング(8月)
〔新規〕アウトドアフェスタinまつもと(8月)
15,070 観光温泉課
21 観光戦略推進事業費
〔公式観光ホームページ情報発信事業〕
 外国人旅行者向けの情報発信力を強化するため、市公式観光ホームページを全面リニューアルし、多言語化に対応した情報発信体制を構築するもの
・観光ホームページの全面リニューアル(日本語+8言語)
〔新規〕市内在住外国人による観光情報発信(年200本)
20,680 観光温泉課
22 プロスポーツ振興事業費  松本山雅FCの集客力・求心力を活かし、「みるスポーツ」等による地域振興や中心市街地への誘客等につなげ、地域活性化の推進を図るとともに、老若男女が一つになって応援する山雅サポーターを松本のスポーツ文化として定着させ、「生きがいの仕組みづくり」の柱の一つに育てるもの 12,290 スポーツ推進課
23 商業振興事業費
〔商店等グレードアップ事業〕
 急増する外国人観光客等に対応するため、商店等が取り組むユニバーサルデザインを取り入れた店舗改修に対し補助するもの 6,900 商工課
24 工業振興費
〔企業立地促進事業〕
 健康・医療関係企業にネットワークを持つ人材をアドバイザーとすることで、知識集約型企業の誘致を図るもの 2,000 健康産業・企業立地課
25 健康寿命延伸新需要創造事業費
〔松本地域健康産業推進協議会事業〕
 産学官民からなる協議会において、健康に関するさまざまな情報を共有し、投資機会を創出することで地域経済の好循環につなげるもの
・世界健康首都会議の開催
・実証実験助成、健康産業フォーラム
の開催等
11,650 健康産業・企業立地課
26 健康寿命延伸新需要創造事業費
〔健康産業関連商品普及促進事業〕
 新たに健康・医療産業への進出を目指す企業を支援するため、松本地域健康産業推進協議会の実証事業等を活用して開発された製品購入額の一部を助成することで、新商品の普及促進を図るもの 1,000 健康産業・企業立地課
27 観光宣伝事業費
〔就航先都市誘客促進事業〕
 FDA就航先都市である札幌市、福岡市からの誘客を促進するもの
・営業職員派遣、商談会開催
・旅行業者への助成
・九州のメディアを活用した誘客宣伝
25,710 観光温泉課
28 国際観光都市推進事業費
〔超広域観光ビジット3〕
 交流協定を締結する松本・札幌・鹿児島の3市連携の連絡協議会により、超広域的な訪日旅行誘客事業を展開するもの
・平成29年度~ 3市で事業費を負担
[連絡会事業]台湾・東南アジア
      欧州への誘客宣伝事業
→秋以降に商品造成
 2都市間(3つ星街道含む)ルート
8,000 観光温泉課
29 国際観光都市推進事業費
〔外国人観光客受入環境整備事業〕
 外国人観光客の滞在時間の延長や宿泊数を増加させるため、インターネット環境や受入研修会をはじめとした受入環境の整備を行うもの
・Wi-Fi整備 美ヶ原高原駐車場売店
      (15カ所目)
8,050 観光温泉課
30 新松本工業団地建設事業  松本市工業ビジョンに基づき、工業団地を建設、企業誘致を行うもの
・平成28年度末
 分譲率   64.7パーセント
 分譲企業数 8社
 分譲収入額 2,809,091千円
520,880 健康産業・企業立地課
「経済の好循環の創出」合計 30事業 828,240  

4 暮らしと生活の基盤づくり

次世代交通システムの具現化、地域公共交通の維持など

暮らしと生活の基盤づくり
  事業名 事業内容 当初
予算額
担当課
1 防災関係費
〔備蓄倉庫整備事業〕
 地域における備蓄体制の強化を図るため、指定避難所である全ての小中学校に備蓄倉庫を3年間(平成28~30年度)で整備するもの
・平成29年度 16カ所に整備
・平成30年度 全45校に整備完了
53,730 危機管理課
2 災害時支援物資集積拠点整備事業費  災害時に政府及び全国から調達する大量の支援物資の受入れ、仕分け、送を効率的に行い、物資を滞留させない体制を構築するため、支援物資集拠点を整備するもの
・平成29年度
 土質調査、基本設計、土地造成に係
る概略設計
【債務負担行為】 300,800千円
        (用地購入費)
9,920 危機管理課
3 環境基本計画推進事業費
〔食品ロス削減全国大会開催事業〕
 本市発祥の「残さず食べよう!30・10運動」の拡大を図り、世界課題である食品ロスの一層の削減にするため、関係省庁等と連携し、企業、NPO、大学など多様な主体が一堂に会する大会を開催し、情報共有、情報発信を行う機会とするもの 3,930 環境政策課
4 都市計画策定事業費
〔村井駅周辺整備事業〕
 立地適正化計画で都市機能誘導区域として定める村井駅周辺地区において、公共交通の利用環境の向上と市南部地域の拠点に相応しい環境整備を行うもの 20,230 都市政策課
5 消防団員費
〔消防団装備整備事業〕
 地震災害に対応できる消防団装備を整備するため、平成29年度から3年計で、全団員に救助用半長靴、ケブラー手袋を配備するもの
・平成29年度 四賀、東山ブロック
6,910 消防防災課
6 男女共同参画推進費
(女性弁護士相談拡充)
 あらゆる分野における女性の活躍を推進する中で、困難な状況に置かれている女性の実情に応じた支援を図るため、相談体制を充実するもの
〔拡充〕女性弁護士相談の回数を増
    月1回→月2回へ増
540 人権・男女共生課
7 防災関係費
〔松本安心ネットシステム更新事業〕
 メール配信サービス「松本安心ネット」について、クラウドシステムを活用し、機能の向上を図るもの
・配信処理能力(10分以内)
 5,000通→10,000通
7,720 危機管理課
8 環境基本計画推進事業費
〔食品ロス削減事業〕
 食品ロス削減のため、「残さず食べよう!30・10運動」を家庭と飲食店で展開し、積極的に啓発活動を実施するとともに、飲食店での持ち帰りを推進するもの 2,790 環境政策課
9 地球温暖化防止事業費
〔住宅用温暖化対策設備設置推進事業〕
 家庭部門に低炭素化を推進するめ、太陽光発電や蓄電池への補助に加え、既存住宅の省エネ改修や高効率給湯器等の導入費用に対し補助するもの 53,400 環境政策課
10 JKタウン和田西原販売促
進事業費
 報奨金制度を広く周知し、更なる広告宣伝等の販売促進活動により、全313区画の完売を目指すもの 17,040 耕地林務課
11 交通対策事業費
〔地域主導型公共交通システム助成事業〕
 交通空白地域の解消と効率的な交通手段の確保のため、地域住民が主体となって実施する公共交通事業に対し補助するもの 27,570 交通安全・都市交通課
12 街路事業費(防災安全)  道路、交通安全施設の計画的な整備改良を推進するもの
南北幹線 (都)小池平田線(庄内)
    (都)中条白板線(巾上)
   ◎(都)中条白板線(白板)
東西幹線 (都)南松本駅石芝線(西工区)
819,670 建設課
13 単独消防設備等整備事業費
〔消防団車両整備事業〕
 消防力の維持向上のため、消防ポンプ車等を計画的に更新するもの
・更新基準
 車両 22年、小型ポンプ 15年
・平成29年度
 ポンプ車3台、積載・軽積載車4台
80,040 消防防災課
14 消費者行政活性化事業費  安心して豊かな消費生活を営むことができるように、窓口に専門相談員を配置し、複雑化・多様化する消費生活相談に対応するとともに、消費者教育、啓発、情報発信を行うもの 2,960 市民相談課
15 バス対策事業費
〔バス運行補助金〕
 地域公共交通の維持・改善のため、運行事業者に対し、バスの運行経費の一部を補助するもの 61,520 交通安全・都市交通課
16 単独新設改良事業費
(市道2572号線他11路線)
 身近な生活道路の整備を推進するため、地元要望のある生活道路12路線について整備を行うもの 132,370 建設課
17 雨水渠改良事業費  都市化による雨水流出量の増加に対し、放流の分散化を図り、都市浸水被害を防止するため、雨水渠の整備を進めるもの
 県第一雨水幹線 他5箇所
171,960 建設課
18 単独消防施設等整備事業費
〔消防団詰所等整備事業〕
 消防団の機能強化を図るため、建築後、30年以上経過した消防団詰所等の改築や整備を行うもの
・平成29年度
 設計 第1分団(北深志)
     第26分団(四賀中川)
     第28分団(四賀五常)
 工事 第27分団(四賀会田)
 解体 第23分団(浅間温泉)
49,890 消防防災課
「暮らしと生活の基盤づくり」合計 18事業 1,522,190  

5 将来世代のためのハード整備

広域道路網の建設促進、基幹博物館の建設など

将来世代のためのハード整備
  事業名 事業内容 当初
予算額
担当課
1 新庁舎建設事業費  現庁舎の耐用年数が近づいていることや、設備の経年劣化も著しいことから、健康寿命延伸都市に相応しい、未来志向型の庁舎の建設を進めるもの 2,960 政策課
2 松本城大手門駐車場平面式駐車場整備事業費  基幹博物館建設地予定地である松本城大手門駐車場北棟解体に伴い、近隣に観光バス等の大型車両対応の駐車場を整備するもの 640 商工課
3 松本市会田病院診療所建設事業費  会田病院を診療所に転換後に建設するための基本計画を策定するもの 6,000 会田病院
4 補助林道整備事業費
〔林道奈川安曇線トンネル延命化事業〕
 蛭窪トンネルで、ひび割れ及び背面空洞等が確認されたことから、安全な通行確保及び延命化を図るため、対策工事を実施するもの 28,740 西部農林課
5 都市計画策定事業費
〔松本城三の丸物語〕
 「松本城を中心としたまちづくり」として、多くの人が集い賑わう魅力なまちづくりを進めるため、博物館移転に合わせて中心市街地の拠点整備行うもの 21,400 都市政策課
6 基幹博物館整備事業  「松本城を中心としたまちづくり」の拠点施設とするため、松本まるごと博物館構想による「基幹博物館」として、松本市営松本城大手門駐車場敷地に移転改築するもの 142,170 博物館
7 県営空港対策事業費
〔信州まつもと空港運航支援事業〕
 信州まつもと空港の活性化を目的に、県との連携により、広報活動等の実施やチャーター便による国内・国際路線の新規就航先の開拓、既存路線の拡充を図るもの 21,800 政策課
8 松本波田道路推進事業費  松本波田道路の利便性向上及び地域活性化(企業立地、雇用の創出、周辺道路の渋滞緩和、緊急輸送ネットワークの強化)を図るため、地域活性化インターチェンジの検討と周辺土地利用構想の調査を行うもの 2,700 建設総務課
9 上高地対策事業費  日本を代表する山岳観光地である上高地を、すべての利用者が安心して訪れることができる場所とするため、管理用道路等の整備に向けた調査を実施するもの 31,350 上高地対策課
10 松本城周辺整備事業費(防災
安全)
〔内環状北線整備事業〕
 中心市街地の交通円滑化や、隣接する広域避難地(松本城公園)への避難路確保及び史跡松本城を中心とした賑わいの創出を図るため、内環状北線の整備を行うもの 157,820 城下町整備本部
11 松本市立病院建設事業費  松本市立病院移転改築のための基本計画を策定するもの 9,000 松本市立病院
「将来世代のためのハード整備」合計 11事業 424,580  

お問い合わせ

政策部 広報国際交流課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)

電話:0263-34-3271

FAX:0263-34-3201

この担当課にメールを送る