高齢者インフルエンザ予防接種について

ページ番号:948-183-841

更新日:2020年10月5日

 インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があります。特に高齢者や基礎疾患のある方など、インフルエンザにかかると重症化する可能性の高い方には効果が高いと考えられるため、予防接種法に基づく定期の予防接種(国の定める予防接種で、一部公費負担)となっています。

 インフルエンザの予防接種は接種を受ける法律上の義務は無く、自らの意思で接種を希望する方のみに行うものです。接種をご希望の方は、実施医療機関にて接種をお受けください。

 対象の方には、9月30日に個人通知を発送しました。(11月・12月に65歳の誕生日を迎える方には、誕生月の1日頃に個人通知を発送します。)

接種対象

 接種当日に松本市に住民登録のある方で、次の条件のいずれかにあてはまり、かつ、接種を希望する方

  • 接種日において満65歳以上の方、かつ昭和30年12月31日以前に生まれた方
  • 接種日において満60歳から満64歳の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に障害のある、身体障害者手帳1級をお持ちの方

実施期間

 令和2年(2020年)10月5日(月)~令和3年(2021年)1月15日(金) 【医療機関の休診日は除きます。】

接種回数

 1回のみ(2回目を接種される場合は全額自費になります。)

接種料金

 1,200円(医療機関窓口でお支払ください。)
 生活保護世帯の対象者は無料(個人で手続きする必要はありません。)

接種をする時の持ち物

  • 予診票兼接種券
  • 接種料金(1,200円)

実施医療機関

注意事項

  • 実施医療機関に予約をしてから、接種を受けてください。
  • 65歳の誕生日の前に接種をすると、全額自己負担となります。

予診票兼接種券を紛失された場合の手続き

窓口申請

本人または家族等の代理の方が申請できます。その場で再発行が可能です。

申請場所

  • 市役所健康づくり課(東庁舎2階)
  • 保健センター
  • 支所・出張所

窓口に来られない場合

 ご病気や感染予防のため、窓口にお越しになることが難しい場合は、健康づくり課に電話等でご連絡ください。ご連絡から1~2週間程度で、ご自宅に郵送します。