新型コロナウイルス感染症に関する情報【特設ページ】

長野県が、9月3日から12日までの「命と暮らしを救う集中対策期間」を終了し、これに併せて「医療非常事態宣言」を解除するととともに、全県の感染警戒レベルを5から4に引き下げます。
市内の感染状況は減少傾向にありますが、全県に対する「医療警報」は継続されます。
第5波の感染拡大期においては、デルタ株の影響から子どもにも感染が広がり学校の休業も相次ぎました。その大部分が家庭内に起因する感染でありますが、学校の休業は子どもたちの大切な学びの機会だけでなく、働く保護者の生活にも大きな影響を与えてしまいます。
そこで、再び感染警戒レベルが5とならないよう、そして大切な子どもたちを守るため、大人も感染拡大防止策を徹底しながら、段階的に日常生活や経済活動を回復させていくことを見据え、現在の「特別警戒期」から、当面の間、「警戒期」と位置付け、対応することとします。

松本市の取組み(令和3年9月10日更新)

市立小中学校の対応(令和3年9月10日更新)

県の「集中対策期間」が9月12日で終了することに合わせ、9月13日以降の市立小中学校の対応について、下記リンク先をご覧ください。
小中学校の対応

長野県の対策(令和3年9月10日更新)

県の対策のうち、酒類の提供を行う飲食店等に対する営業時間短縮等の協力要請は、9月12日で終了します。
新型コロナウイルス警戒レベル引き上げに伴う時間短縮営業の協力要請について

市民の皆さんへのお願い

警戒期 市民の皆さんへのお願い

デルタ株は感染力が従来株の2倍あります

密閉空間ではエアロゾル感染の恐れがあります

どんな場面でも感染対策を忘れないようにしましょう

メニュー

バナーをクリック/タップすると各項目に移動します。

まつもと版 新たな会食のすゝめ

まつもと版”新たな会食のすゝめ”

 地域のお店での会食は、(1)職場の同僚や仲間とのコミュニケーションの場 (2)家族のお祝いや思い出の場 (3)地域コミュニティの絆を深める場 (4)おいしい料理と心温まるサービスに癒されたり、ストレス発散できる場など、私たちの社会生活や日常生活に潤いをもたらす不可欠なものです 。
  松本市では、すべての人に安心して飲食を楽しんでいただくため、会食の際に気をつけていただきたいことを長野県の「信州版”新たな会食”のすゝめ」をもとに、「まつもと版”新たな会食”のすゝめ」としてまとめました。お一人で利用される場合も、実践してみてください。

人と人との距離の確保

マスクの着用・咳エチケット

こまめな手洗い・手指消毒

3密を回避しましょう

会食はガイドラインを遵守している店を選ぼう

会食中は1メートルの距離、2時間以内、接触を避けて

会食後は手洗い、うがい、入浴、着替え

ダウンロードや印刷の際はこちらのPDFデータをご利用ください。

関連リンク(県・関係省庁など)