健康寿命延伸都市協議会

ページ番号:629-305-977

更新日:2020年1月21日

健康寿命延伸都市協議会とは

 厚生労働省が主催する「健康寿命をのばそう!アワード」受賞市区町村間において、健康寿命延伸の施策について相互に学びあうとともに、広く相互の交流を図ることを目的に、平成25年9月17日に設立した協議会です。
 松本市は、平成25年3月に「第1回健康寿命をのばそう!アワード自治体部門優秀賞」を受賞し、当協議会に設立時から参加しています。
 加入自治体は、令和元年11月1日現在で1区18市3町となり、松本市は今後も協議会会員として活動に参加し、加入自治体と情報交換を行い、優れた取組みを本市の施策の参考としていきます。

「健康寿命をのばそう!アワード」とは

 厚生労働省では、国民の生活習慣を改善し、健康寿命を延ばすための運動、「Smart Life Project(スマート ライフ プロジェクト)」を推進しています。
 平成24年度から生活習慣病予防の啓発活動の奨励・普及を図るため、「健康寿命をのばそう!アワード」が創設され、自治体・団体・企業等において、「スマート・ライフ・プロジェクト」が掲げる3つのテーマ(適度な運動・適切な食生活・禁煙)を中心に、健康増進、生活習慣病の予防への貢献に資する優れた啓発・取組活動に対して、厚生労働省が表彰しています。

健康寿命延伸都市協議会の活動

第6回総会及び研修会を広島県呉市で開催しました

松本市の施策に取り入れました

 岐阜県多治見市では、オリジナルで紙芝居「スワンマンとたばこのおばけ」を製作し、平成14年から園児への喫煙防止教育として活用した結果、乳幼児を持つ家庭における喫煙率が大幅に下がったそうです。
 そこで、本市でも平成29年度から取り入れ、市内保育園・幼稚園及び図書館に配布し、各園で上演しています。

お問い合わせ

健康福祉部 健康づくり課

〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(東庁舎2階)

電話:0263-34-3217

FAX:0263-39-2523

この担当課にメールを送る