このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年度当初予算(案)の概要

ページ番号:977-696-114

更新日:2021年3月3日

令和3年度当初予算(案)の概要

1 会計別歳入歳出予算額
2 予算編成の取組み
(1) 予算の規模
(2) 松本市の財政状況
  ア 一般会計の当初予算の推移
  イ 市債残高・基金残高の推移
(3) 令和3年度当初予算における重点事業
(4) 事業棚卸結果の予算への反映状況
(5) 中核市移行に伴う予算の影響
3 資料編
(1) 市債残高、基金の状況
  ア 市債残高(一般会計)
  イ 基金の状況
(2) 市債、基金の主な活用状況
(3) 令和3年度当初予算における重点事業一覧
4 一般会計予算額
(1) 歳入予算
(2) 歳出予算(款別)
(3) 歳出予算(性質別)
(4) 一般会計の構成比
5 主要事務事業
(1) 一般会計
  ア 歳入
  イ 歳出
(2) 特別会計
(3) 企業会計

【一般会計当初予算額の推移】

平成22年度から令和3年度までの、一般会計当初予算額の推移です。

 令和3年度一般会計当初予算規模(案)は、1,011億6,000万円、
前年度当初予算に比べ、116億5,000万円 13.0%の増です。
主に、

  • 令和2年度当初予算を骨格予算として編成したことによる影響

 約24億円の増

  • 中核市移行に伴う影響

 約12億3,000万円の増

  • 新型コロナウイルス感染症にかかるワクチン接種や中小企業金融対策に伴う経費

 約51億8,000万円の増

  • 基幹博物館建設や美術館大規模改修事業など大型建設事業に伴う経費

 約54億4,000万円
などの理由により、初めて1,000億円を超える、過去最大規模の予算となっています。

 なお、政策的経費の肉付けを行った「令和2年度6月補正後※」と比較すると、92億5,013万円 10.1%の増となります。
※ 新型コロナウイルス感染症対応に特化した、4月補正、5月補正及び6月補正(追加提出分)額は除く

【市債残高・基金残高の推移】

平成22年度から令和3年度までの、市債残高・基金残高の推移です。

 市債残高は平成17年度末をピークに、波田町と合併した平成21年度を除き、順調に減少を続けて来ました。しかし、令和3年度当初予算では、臨時財政対策債の増や、大型事業の財源としての市債発行増により、久々に増加に転じる見込みです。
 今後も大型建設事業や施設の更新等が予想されますので、市債、基金の活用を図りながらも、事業の重点化、費用対効果の検証を進め、節度ある財政運営に努めます。

【市債・基金の市民1人あたり残高】

一人あたりの市債、基金残高です。

 平成30年度決算時より市債残高は増加、基金残高は減少いたしますが、一人あたりの市債残高については、19市の平均、中核市の平均と比較しても少なく、また基金残高については19市の平均と同程度であり、中核市平均の2倍以上と、健全な水準を維持できています。

【重点事業の総括(5分野ごと)】

令和3年度当初予算における重点事業です。

 新たな総合計画である基本構想2030・第11次基本計画が現在策定中のため、令和3年度当初予算は、実施計画第51号における、重点的に取り組むべき事業を5つの分野に整理しました。
 詳細は、「主要事務事業説明資料」P13~をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

財政部 財政課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎3階)
電話:0263-34-3273

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

令和3年度

  • 令和3年度当初予算(案)の概要

関連情報

  • 情報が見つからないときは
  • よくある質問
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。