このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
松本市:ホームへ
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
サイト内検索
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 施設案内
  • 松本の魅力
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

中心市街地交通対策の実施内容とその検証結果

ページ番号:957-261-449

更新日:2018年2月23日

 松本市では、「イオンモール松本」の開店を契機とした中心市街地の交通対策に関係機関と連携して取り組んでいます。
 実施した交通対策について検証しましたので、具体的な実施内容の紹介と併せて、検証結果を掲載します。

中心市街地交通対策の基本的な考え方

 松本市次世代交通政策実行計画では、基本理念として「車を優先した社会の転換」、「歩行者・自転車・公共交通の優先」および「エコで快適な移動により、人が集う交通のまちづくり」を掲げています。この計画の実践が、イオンモール松本の開店に伴う交通渋滞の緩和にも寄与すると考えています。

具体的な実施内容

 対策には、市が行うものの他、イオンモールや警察等が行うものがあります。詳しくは交通対策一覧や交通対策位置図をご覧ください。

検証の結果

 検証の結果、「イオンモール松本」周辺では一時的に渋滞は発生したものの、広範囲に及ぶ渋滞は見られませんでした。しかし、イベント時および悪天候の休日には、一部の路線バスに遅れが生じるような渋滞が発生しました。
 一方「イオンモール松本」開店後、日ノ出町や中町などには、徒歩や自転車で街を散策する人の姿が多くみられるようになりました。

今後の取り組み

・引き続き、中心市街地交通対策の骨子に基づき、「イオンモール松本」および関係機関と連携し、必要な交通対策を行います。
・次世代交通政策の実現を目指し、交通手段の転換として、市民や来訪者に、歩くこと、自転車および公共交通の利用促進の啓発を継続します。
・実施した交通対策を一つの契機とし、次世代交通政策実行計画を更に進めていきます。

歩くことで車を減らし、まちも健康に

 歩くことは心身の健康づくりにつながる他、まちの新たな魅力発見にもつながります。また、多くの方が歩くことで過度な車の利用を減らし、まちなかでのにぎわい創出や活性化にもつながります。
 本市では、「市民歩こう運動」を推進しています。多くの方のご理解、ご参加をお願いします。

公共交通利用促進にご協力を

多くの方を一度に乗せることができるのが公共交通です。
渋滞緩和や、環境保全などのため、公共交通の利用促進にご協力をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建設部 都市政策課
〒390-8620 長野県松本市丸の内3番7号(本庁舎5階)
電話:0263-34-3251 FAX:0263-34-3202

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

以下フッターです。